FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (88)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.06
14
Category : Funk
Theme : 洋楽CDレビュー
Genre : 音楽
btexpress.jpg



 いよいよワールド・カップ2018もスタート! ついでに、なんとイニエスタもヴィッセル神戸へ。最近は全然おもしろくなかった代表の試合も、本戦直前の土壇場にきて乾選手のおかげで期待が持てる内容となりました。難易度の高いコロンビア戦もなんか、ひょっとしたら同点くらいでイケるかも、って期待も持てるとこまで来ました。ブギーでノリノリな音で、気分良く予選まで気持ちを高めたいところです。そんなことで有名なダンクラを擁したB.T.エクスプレスのタイトル通り1980年作。カシーフことマイケル・ジョーンズも在籍してましたが、前作で脱退してます。90年代くらいは再評価もされてレア盤化してた時もありましたが、今では手軽に聴くことができる良盤。
 なんで本作が、そんなに人気かって言うとズバリ「Have Some Fun」の収録。ダンクラでディスコ時代の傑作ファンクであり、フリー・ソウル・シーンでも人気が高かった超人気曲。いわゆるスウェイ・ビートの傑作で、とにかくカッコいい組み立てで文句無し。確かにナイス・グルーヴでシェリル・リンやE.W&Fクール&ザ・ギャングとかの秀作と肩を並べる、キャッチーでよく出来た曲です。初めて聴いて1発で“エエ、やんけ〜”と興奮できる類いです。ファンク・ファンに人気のバンドですが、この1曲で後追いの幅広いファンも獲得って感じです。全体的にもファンク・ディスコ系は好調で「Does It Feel Good」、「Funk Theory」も負けず劣らずのナイス・ブギー。ここらはブリブリのベース・ラインにGカッティングが絡み、ホーンが要所を締める王道の構成。心地良すぎるブルックリンで鍛え上げたファンク魂をしっかり感じとれます。冒頭からファンクで攻める「Takin' Off」から「Heart Of Fire」の流れは、ちょっと大袈裟な感じもありますが演奏はタイトで悪くはないです。「Give Up The Funk (Let's Dance)」はシンセ・ドラムの音が今では微妙ですが、基本グルーヴはタイトです。一方、大注目なのが数少ないメロウ系。はっきり言って文句なしで「Closer」やバラード「Better Late Than Never」は極上と言っていい絶賛に値するお仕事。どうせ“Have Some Fun”だけやろって勘繰って聴いた不届きな人にも嬉しいサプライズで大満足間違いなし。現行盤は12”ヴァージョンや、未収録だった洗練ブギー「Let Me Be The One」、「Midnight Beat」を収録の拡大仕様。どれもクオリティが高いので聴き逃しなく。
「気分が重くなる事件が多い昨今。W杯はHave Some Funって感じで国民を楽しませてください!」

Have Some Fun


Better Late Than Never


Comment

非公開コメント

have some fun 間奏がいいですな♬
ワールドカップ観ていますが
本田や川島に対してのバッシングに
驚いています。
サッカー通かなんか知らんけど
エラそうやわ〜 あいつら 嫌いや

★片山ニクさん
 みんな、好きなコト言いますからね〜 家の息子2人もサッカー部やったので、
 好き勝手言ってます。彼等に言わすと、宏樹や柴崎は評価高いですわ。
 まぁ7月入っても、日本戦が見れるのは嬉しいですわ〜 fun fun fun!

No title

お盆休みもそろそろ終わり。社会復帰できるかどうか、そろそろ心配になってきましたw いかがお過ごしでしょうか。
ソウルに飛びついたその過去、このアルバムはフューチャーなジャケを眺めるだけでもワクワクしました。
原盤は高くて買えなかったので、日本盤再プレスを購入しましたが、随分前に部屋のレコード処分した際、これも処分してしまいかなり後悔していますw
そうそう、Let Me Be The OneはBTの最高傑作だと思います。ボートラに入ってるいるとは。これは要チェックなCDですね。

★hirooさん
 まいどです。私は一足先に会社復帰で、初日はフラフラになりました。。
 最近思うのは、CDは処分してもレコードは置いとかなアカンと思ってます。
 わざわざ消費に、わざわざアート、これからの豊かな生活のKEYかもしれまへん!

ほんまにそうですね。わざわざ、てのがキーワード。ジャケットを眺めながらスリーブのクレジットを確かめ針を落とす。そんな儀式はデジタルではありえませんし。
LPは所有欲も満たしてくれますね。簡単にデジタル音源入手できるのに、レコ屋で掘り当てる感動w