FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (89)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
05 ≪│2019/06│≫ 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2018.03
28
Category : Mainstream
Theme : 洋楽ロック
Genre : 音楽
Nicorett.jpg



春のポカポカ陽気、無事に新しいブランド・ショップもオープンさせていただき、ええ流れで桜も咲いとります。ここは気持ち良いウエスト・コースト・サウンドの女性ヴォーカルで和んどきます。そんなことでニコレット・ラーソンの優しくも力強い艷っぽい歌声に癒やされます。リンダ・ロンシュタットあたりと同系というか、70年代西海岸ファミリーの中から出てきた歌姫。ニール・ヤングやエミルー・ハリス等のバック・コーラスで腕を上げ、78年に敏腕プロデューサーのテッド・テンプルマンのもとでこの1stアルバムをリリースです。代表作ともいえる本作はキャロル・キングさえ彷彿させる堂々ったる歌いっぷりが最高。全編、心地良く聴くことができる素晴らしいアルバムです。
 ニール・ヤング作品で、ヒットした「Lotta Love」で幕開け。少しシティ・ソウルっぽく、後期ドゥービーズの香りがたまりません。ジェシ・ウィンチェスターのカヴァー「Rhumba Girl」が本作参加もしているリトル・フィート風で、ニコレットもパワフルに迫ります。続いて、スムージーに歌いかけるサム・クックの傑作「You Send Me」、エディ・ヴァン・ヘイレンのやんちゃなギターも聴ける気持ち良いロック「Can't Get Away from You」とこの上ない素晴らしき流れ。R&B調のニコレットのヴォーカルも冴えまくりです。また、Rudy Lewis時代のドリフターズが歌った「Mexican Divorce」で、バカラック・ナンバーもしなやかに歌ってみせます。そしてザ・バンドでもお馴染みのマーヴィン・ゲイ「Baby Don't You Do It」では、初期ドゥービー・ブラザーズのようにモータウンを歯切れよくロッキンにこなします。フィートのビル・ペインが書いた「Give a Little」では、バックで参加の姉貴分リンダ・ロンシュタットに通じる落ち着いた雰囲気で、こちらも絶品。後半はカントリーに振れて、Herb Pedersenとデュエットしたルーヴィン・ブラザーズ「Angels Rejoiced」、アダム・ミッチェルの「French Waltz」と穏やかな感じ。中でも「Come Early Mornin」は出色の出来で、リンダのコーラスに、ジェイムス・バートンのドブロがなんともエエ感じを醸し出します。最後はピアノとストリングスでのスロウ「Last In Love」。 J.D.サウザーとグレン・フライの書き下ろしで、ゴスペルさえ感じさせる崇高な美しさで〆です。
「70年代西海岸を代表する1枚。春の陽気&ビールにベスト・マッチ間違いなし!」

Lotta Love


You Send Me



Comment

非公開コメント

ezeeさん、毎度ですー。
ニコレットさんのこのアルバムは春っぽいですよねー、ってか、自分もこのアルバムについて書きかけてたとこ(笑)。
ピュアというか、どこか田舎っぽいとこも含めて微笑ましく、なぜかニコニコしてしまう感じです。

★goldenblueさん
 まいどです。先輩リンダと同じく有名無名問わずカヴァーをうまくまとめたデビュー作。
 春っぽくピュアな感じが耳に心地いいです。たしかにニヤけちゃう感じです!