Love Power Peace - Live At The Olympia, Paris 1971 / James Brown * 1992 PolyGram

James Brown
22123.jpg

Love

 賛否両論は承知ですがKing Of Soul 「James Brown」の数あるライブ盤の中の最高峰が本作。'71年というとファンク史上に残る傑作をマシンガンのように連発していた真っ只中で悪いわけありません。この時のバックはレギュラーバンドが金銭(ギャラ)問題でもめて多数解雇となった後、当時の新進敏腕ファンカーが召集されて結成されたオリジナルJB's。今から思えば奇跡的な組み合わせとなったBootsy Collins(b)、Catfish Collins(g)兄弟に、Bobby Byrd(Vo)、Fred Wesley(Tro)、Jabo Starks(Dr)擁する最強ファンク集団の記録。最初、掘り起こされて聴いた時、マジで手の震えが止まらんかった超名演です。
 JBのライブは殆どそうですが冒頭1分程の「Intro」で既にゾクゾクするくらいの緊張感が味わえます。Bobbyの熱いMCとクールなファンクからブレイク一転、「Brother Rapp」に流れるカッコよさといったら言葉になりません。そして間髪いれずに突入する「Ain't It Funky Now」は寿司でいったら極上のウニを味わうような最高のグルーヴで、全てのパートが有機的に作用しこの上ないファンクを体感できます。特筆すべきはFredのトロンボーン・ソロ、JBのオルガン・ソロ、全編を支配するBootsyのグルーヴしまくりのベースで5万回程聴きましたが未だに飽きません。オリジナルのクールなインストを蝮エキス入れて沸騰させたような強力さです。18番のスロウ「Georgia On My Mind」から荒々しくファンクする「It's A New Day」への流れも絶品。勿論おなじみの名曲群も「Bewildered」や、ためてためてスタートする劇的な「It's Man's Man's Man's World」のスロウも最高の出来と言ってよい熱演。ファンク系はこのメンバーで演るのが一番と思わせる「Give It Up Or Turnit A Loose」、「Super Bad」とライヴならではの荒々しい展開で最高ですが、圧巻なのがクライマックスの「Soul Power」、「Get Up, Get Into It, Get Involved」のメドレー展開。相方ボビーバードの好演も手伝って、ヒートアップしまくりで完全降伏必至です。まぁこれ程までに熱く興奮できるライブは殆ど無いですわ。田中角栄並みに記憶力抜群の御大ご本人から指摘もあった「Sunny」のファンク・ヴァージョンが未収録なのは残念ですが、この内容でも120%、当時のファンクの最もカッコええ部分が満喫できます。
「コレを車で爆音聴きしたらエライ目に遭います。私は実際スピード違反免停くらいました。」


テーマ: 洋楽CDレビュー | ジャンル: 音楽

Six Degrees Of P-Funk / George Clinton & His Funk Family * 2003 Sony | Home | Hey Kandi... / Kandi * 2000 Columbia

コメント

この時のDVDが海賊盤で出てるんだけどご覧になったことないです?買おうかどうか迷ってるんですよね。

あと、キング牧師が無くなった時にTV放映されたっていう映像も海賊盤DVDが出てます。こっちも伝記本とかでは凄い内容だったって評されてるんで見たいのですが、白黒みたいだし画質が不安で購入してないです。

2006/04/26 (Wed) 00:50 | kaiser_sosae #- | URL | 編集

前者はNHKで前にチラッと流れたヤツですかね~。アレは熱かった・・。が海賊版は知りません。そういえばオフィシャルビデオもかなり見ましたが殆どLiving In America以降ですね。全盛期はソウル・トレインで拝めたくらいで・・ちゃんと見たいっすな。
 海賊版は前にエライ目に遭ったのであんまり購入してませんのです。すんまっせん!

2006/04/26 (Wed) 01:50 | ezee #- | URL | 編集

ブートレッグ雑誌BEATLEGの今月号で件のDVD2種紹介・絶賛してたんで堪らず買ってしまいました。音質も画質も最高には程遠いです。Youtubeよりは遥かにマシだけどストリーミングの映画予告動画レベル。

・・・とはいえ内容は凄かったですわー!Marva WitneyとかVicki Andersonのソロパートはあるし、眼鏡無しだけど凄い長身でカリスマ的なBootsyも映りまくりです。

2006/05/10 (Wed) 23:31 | kaiser_sosae #- | URL | 編集

ううっ・・見たい
'80年代のしょーもないベルリンライブ
なんか何回も再発せんと
正規でこの辺を出して欲しいです。
ボビー・バードのソロパートとかもあるんですかね~ ああ見たいっ

2006/05/11 (Thu) 02:00 | ezee #- | URL | 編集
最高!

トラバさんくすです。
こいつはJB最高傑作…いや、ファンク界最高作品でしょう。このノリはタマランっす!

2006/07/18 (Tue) 07:09 | フレ #- | URL | 編集

いさはやなんとも・・
よくぞ出してくれましたとマジで当時思いました。
コレを聴くと他のファンクがちょっと聴けなくなるくらいですな!

2006/07/19 (Wed) 02:29 | ezee #- | URL | 編集
ええもん観ましたわ

JBのカッコよさが分らなかったんですが、これを観たら
徐々にわかりました。
噂のよるとJBは大正生まれ。黒人の音楽感性の先駆性にただただ脱帽してまふ。
これからもぼちぼち聴いてゆきますね。

2008/02/03 (Sun) 13:56 | まり #- | URL | 編集

★まりさん
 69~72年くらいのファンクとしては恐ろしい完成度を誇る時期のJBは後光がさして見えます。まさに灼熱ファンカー!

ただ大正生まれってのは偽説ちゃいまっか~

2008/02/05 (Tue) 00:17 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

 ファンクの帝王ジェームズ・ブラウン。苦節多き才人だが、最も脂の乗っていた時期と云えば1960年代後半から70年代初頭頃、ブラックパワーを見せつけた時、即ちマーチン・ルーサー・キング牧師暗殺期の代弁者としてその人

2006.07.18 (Tue) 09:12 | ロック好きの行き着く先は…
このページのトップへ