FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (89)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
05 ≪│2019/06│≫ 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.12
31
Category : 10's Male R&B
Theme : DJ/CLUB
Genre : 音楽
cool back



 2017年も、もう終わり。今年もブギーな音が元気でしたが、なにも今に始まったワケやないアーリー80sへの回帰傾向。ブルーノ・マーズタキシードがああなったのも伏線があったとするならば、その先駆けとなったのはクール・ミリオンあたりの優秀作です。先進的であってもヒューマニズムに欠けるダンス・ミュージックが増えてくる中、アンチテーゼのように登場したオッサン連中が狂喜乱舞した音。今ではすっかり一つのトレンドのようになった、ディスコ〜ロッド・テンパートン風のブギー・サウンドも、10年ほど前から活躍するこのクール・ミリオンが口火を切って好きモノ達に提供してくれてました。デンマーク出身のフランク・ライルと、ドイツ人のロブ・ハルトによる、いわばスティーリー・ダンのようなサウンド・プロダクション・チームであるクール・ミリオン。かつてのディスコ&ブギー時代のイイとこ取り再構築を徹底して実施。栄養素だけ抽出したサプリメントようなとこもありますが、気持ち良くて元気になる音であることには間違いないです。
 本作は2ndで、初めて彼等の存在を知ったアルバム。毎回ゲスト・ヴォーカルも違うのですが、しっかり歌える本格派シンガーが登場するのが魅力です。1曲目から歌姫Meli'sa Morganが登場する「Sweet Baby」、Eugene Wildeが歌う「Back For More」と80'sソウル・ファンのハート鷲掴みのシンガーが続々登場です。Jeniqua嬢がバーナード・エドワーズのようなベースでスウィングする「Making Love」、 男性シンガーAudioが歌う「Sprinkle」と絶品としか言いようのないグルーヴ連発です。さらに80'sに活躍のPeggi Blu嬢も登場での「I See You」、Laura Jacksonなる女性がスムージーにキメる「Love The Beat」、エムトゥーメと名作も残したRena Scott嬢との「Come To Me」と、至福のナイス・グルーヴが止まりません。と思えば渋いトコロも登場となる、Leroy Burgess「Cool to Make a Million」Al Broomfieldが精悍に歌いこなす「Stay Close」に、Dee Dee Wilde、Eugene Wilde兄妹デュエットでの“もろ80'sマイケル”な「Loose」など徹底的に80年代ダンス・サウンドの一番気持ち良いトコロを提示。シックのようなサウンドでP.A.C.E.が歌う「Thought We Had It All」、Noel McKoyが歌う「Just Dance」、Yvonne Gageが歌う「Hurry Home」あたりの、スタイリッシュなファンクは心地良さ満点。車でも運転しながら素晴らしいサウンド・システムで大音量で聴けば至福間違い無し。ラストの「Back Together」では、シェリル・リンのアノ曲を想起させる、快感ビートも提供です。
「どっから聴いても、ハズレなしの快感アップデート80'sサウンドの洪水。気持ちEEE!」

EUGENE WILDE - back for more


Leroy Burgess @ Cool To Make A Million



Comment

非公開コメント

ezeeさん、なかなかイケイケのバブリーな音ですなぁ。
今年も一年間楽しませていただきました。
よいお正月をー。

そうそうそうなんですw

あけましておめでとうございます。

そうなんですよ、このブギーブーム、といいますかFUNKがメジャーになってしまったといいますか。
もっと前からこのCool MillionやConfectionらが仕掛けてたんですよね。それに輪をかけてBoogie Timesがレアシングルをコンピしたり、ひそかにファンクムーブメントはおきてたわけで。。。
でもBruno Marsとか最高だし、俺としましたら一過性でなくそれぞれ路線を続けてほしいなと思っております。

明けましておめでとうございます。

ezeeさんは、この辺りのも
とっても詳しいですよねえ!!
上っ面をなぞってるだけの
自分とは大違いです!
いつも、いろいろなジャンルやアーティストを
紹介してくれるので嬉しいです♪

今年もよろしくお願いします(^^)。

★golden blueさん
 今年も宜しく願います!
 なんやかんや言っても、昔に聴いてた音を欲してしまうんですよね〜
 またミナミか京都で一杯、いきましょう

★hirooさん
 今年も宜しく願います!
 この流れはチョロチョロでも続いてほしいですね。
 アンビエントな無機質なものより大歓迎ですわ!
 ブーツィの新作もこの流れでしたね。

★波野井露楠さん
 今年も宜しく願います!
 いろいろ何でもいいって思っちゃう感覚は変わらずです〜
 といっても最近のはもっぱら息子から情報入手してます。。

明けましておめでとうございます!
選曲もさることながら
ezeeさんの文章読んでいると
元気が出てきます
今年もよろしゅー(^-^)/

★片山ニクさん
 今年も宜しく願います!
 すぐに色んなモノに目移りしますが
 ストリーミングになって、まだまだ発見がありますわ〜
 ちまちまと、感想文は書いていきます!

Al Broomfieldが精悍に歌いこなす「Stay Close」 ・・・



Cool Million feat. Al Broomfeld♪Stay Close → Ali-Ollie WoodsonがリードをとったThe Temptationsの♪Treat Her Like a Ladyを思い起こさせるかっこいい曲です!

★kunioniku
 Stay Close.イケてますよね〜
 アリオリの感、確かにありますね!