Rake It In / Me First and the Gimme Gimmes * 2017 Fat Wreck Chords

New Wave + Punk
1007335929.jpg

 GW中は割とゆったりする中、わが息子(←自称ファッショニスタ)とシャツやら靴やら一日中買い物三昧で充実した水揚げ。移動の車中BGMは完全に息子DJが仕切りますが、結構知らないエエのも多くておもろいです。10-FEETやらワンオク、ゲス極やらが頻繁に流れる中、ハイスタのカヴァー集なんかはスプリームスやビーチ・ボーイズもやってて超カッコよし。よしそれならとオヤジからはUSパンクのギミー・ギミーズを勧めときました!このバンド、フー・ファイターズやNOFXのメンバーが集まった別プロジェクトですが、徹底的に過去の名曲をパンク・アレンジで演るってコンセプトが痛快。ハイスタのと同じレベルで楽しめます!
 今年出た本作は、目からウロコの名曲パンク版が聴けるベスト集。基本テンポ・アップ、ラウドなギターでリ・アレンジされてますが、スパイク氏の歌唱(←上手い)にコーラスもバッチリ決めてるのが気持ちええトコです。何年か前に一発でブッ飛んだのがR&Bの大ヒットEnd Of The Road」のパンク仕様。これが笑っちゃうほどのカッコ良さで原曲が良ければ、どんなアレンジでも名曲になると証明してくれます。そして「Desperado」。あのイーグルスの美バラードも見事なパンク・ナンバーに。涙が出るほど痛快です。他もお馴染みの曲がドンドン登場ですが、カッコいいのがビートルズの「All My Loving」に、ビリー・ジョエルUptown Girl」、R.ケリーI Believe I Can Fly」といった大ヒット・ナンバー。一瞬バカにしてるのかと思いますが、聴くと愛情たっぷりなのが直ぐに分かります。まぁとにかく、ディラン「The Times They Are a-Changing」も、ジョン・デンバーの「Country Roads」にしてもコッチが原曲かと錯覚するくらい見事なパンク・ナンバーに仕立て上げてます。ポピュラー・スタンダード「Over the Rainbow」やジャズ「Summertime」もこの人等にかかればロックの名曲へと見事な変身っぷりで、フェスでのダイヴ曲に様変わりです。
「シカトしたら勿体無い、気持ちEバンド。ツボ突きまくりです!」

End Of The Road


Desperado


テーマ: 洋楽ロック | ジャンル: 音楽

No Stone Unturned / The Rolling Stones * 1973 Decca (2013 Abkco) | Home | Blackstreet / Blackstreet * 1994 Interscope

コメント

この人たちのカントリーロードは、超好きです(°▽°)!
バンドメンバー、豪華だったんですね!
知りませんでした(^_^;)

2017/06/04 (Sun) 17:08 | 波野井露楠 #3cB5OuE2 | URL | 編集
No title

★波野井露楠 さん
 まいどです。カントリー・ロードも全開バリバリでやってますね! もう最高な人等ですわ〜
じつは甲斐バンドのヒーローとかも演ってて、これもエエですわ!

2017/06/07 (Wed) 00:45 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ