Doo-Wops & Hooligans / Bruno Mars * 2010 Elektra

10's Male R&B
Doo-Wops__Hooligans.jpg

京都に戻り再び家族の一員になったような気で、なんとか家でも疎外されることなく生活してますが、これが想定以上の心地良さ。事情で実家との行き来が多くなり、再び車を運転する事も多くなった中、アクセル踏みながらよく聴いてるのがブルーノ・マーズです。マーク・ロンソンから、去年の絶品サードはやたら聴いてましたが、車の横でDJみたいに息子がやたら流すこの1stも今さらながらよく出来たデビュー作やったと再認識。親しみやすさ、ノリ、耳触りともに飛び抜けた大ヒット作品です。
 ソロデビュー前からThe Smeezingtonsとしてプロデュース・チームでも活躍。そしてグラミー・ノミネートにもなった本作です。マイケル・ジャクソンの全盛時同様、何年後にも神アルバムと言われそうなアルバムで、どれもキャッチーでエバーグリーンな気持ち良さ。冒頭のお馴染み大ヒット2曲がまず強力。悲痛な愛の叫び「Grenade」から、感動的で純な気持ちになれる出世作「Just the Way You Are」への鉄板的流れは世界中の老若男女を魅了。ブルーノが凄かったのはコレ以外にも球種を変えつつ同等の楽曲を本作に詰め込んでたトコ。メロウなR&Bテイストでレゲエ・チックなリズムも心地良い「Our First Time」、60年代のダンス・ミュ−ジックを現代にブラッシュ・アップさせた「Runaway Baby」、ルーツのハワイを連想させるリラックスしたムードが最高な「The Lazy Song」と捨曲無しに進んでいきますが、中でも超強力なのが「Marry You」。既に定番ともなったウェイディング・ソングで、聴く人みながハッピーになれそうな気になるグレイト曲です。バラードでも素晴らしいというしかない「Talking to the Moon」があり隙間がないですが、ボブ・マーレーの息子であるジャマイカンDamian Marleyを迎えた「Liquor Store Blues」、フォーキーな「Count On Me」あたりはホッコリタイム。Cee Lo GreenB.O.Bが参加のアッパー「The Other Side」でビシっと終わります。「Somewhere In Brooklyn」はデビューEPに入ってた人気曲で、ボートラで収録。
「誰もが口ずさめるヒットが少なくなった中、気を吐くボップR&B職人。これからも目が離せません!」

Just The Way You Are


Marry You



テーマ: HIPHOP,R&B,REGGAE | ジャンル: 音楽

Laurel Canyon / Jackie DeShannon * 1968 Imperial | Home | One Dozen Berrys / Chuck Berry * 1958 Chess

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ