FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (88)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
12 ≪│2019/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.12
13
Category : Funk
Theme : Soul, R&B, Funk
Genre : 音楽
parlia.jpg

なんやかんやゆうても、もう年末。出張とかも入り忙しない中、宴も増えてくるこの季節。先週は新宿でディスコ貸し切りパーティーです。ドレスコードには、スパンコールにグリッター、フレアにテロテロシャツやらの設定だったので、皆照れながらも、半分喜んで派手派手に。私もアフロに仮装してタコ踊り披露です! 昼間はアカンけど、夜は頑張りよるとまた評判を上げてしまいました。しかしウチの役員もナカナカの男前で、J.B.“Super Bad”やアーサー・コンレー“Funky Street”とかで結構難しいステップをガンガン披露です。ファンキーな会社ですわ。ゲストで来た某大手アパレルの役員もダンス達者でビックリ。みんな遊んどったんですね〜。いろいろ難題も多いけど、アホになって酒飲んで踊るってのはイイですね。DJもブルーノ・マーズやダフト・パンクからNJS、ブロンディ、FGTH、ドゥービーBros、ドナ・サマー、モータウンまで新旧うまくミックスして盛り上げ。パーラメントも久々に大音量で聴いてテンション上がりました!
 そいでもって、それから家でもラウドにかけまくってるパーラです。P-ファンク軍団が最盛期ローマ帝国のようになってた頃のアルバムで、JB'sからホーン隊フレッド、メイシオも合流した頃。総帥Gクリントンに、バーニー・ウォーレル(Key)、ブーツィ・コリンズ(b)等の幹部を軸に最高の仕事です。中身はいわずもがなのファンク金字塔で、西海岸ヒップ・ホップの源流ともなった本作は数少ない完璧なファンク・アルバム。クオリティの高さとアホさ加減に、今更ながら震えます。軍団のテーマ曲とも言える「P-Funk (Wants To Get Funked Up)」、Dr.DREでもお馴染み「Mothership Connection (Star Child)」と冒頭から需要曲が連打。続く「Unfunky UFO」は名作だらけの本作でも1等賞とも思う時もある激優秀ファンク。最高級クラスのグルーヴでグイグイ乗せてくれます。中盤もバーニーのスペイシーなサウンドも冴える「Supergroovalisticprosifunkstication」、グレン・ゴインズの熱いヴォーカルも炸裂の「Handcuffs」とHow To Funkを見事に提示。シングル・ヒットもした「Give Up the Funk (Tear the Roof off the Sucker)」はゴスペル的な要素も感じるフロア・ライクな名ファンクです。最後の「Night of the Thumpasorus Peoples」ではお馴染み“ガガグガ・コーラス”も登場で、あの名ベース・リフがガンガンに盛り上げます。全編、バラードやらメロウなど一切なしの純度100%のファンク。
「P−ファンク軍団の絶好調さを海綿体まで体感できる激傑作。やっぱ、エエもんはいつでも興奮ですわ!」

Give Up The Funk


Unfunky UFO


Comment

非公開コメント