Keep It Live / Dazz Band * 1982 Motown

Funk
dazz.jpg

結構アホみたいな曲やなぁと思っていた80'sモータウンのディスコ・ヒット“Let It Whip”。ダズ・バンドといってもコレしか知らんかったので、軽いディスコ・ファンクのバンドやと思ってました。でもひょんな業界の縁で、大阪ブルーノートで素晴らしき熱演を体験して以来、すっかり自分の中で180度好印象に変わったダズ・バンド。タイトな演奏に、コーラス・ワーク、サーヴィス精神溢れるステージはプロ根性満載で、ちょうど復帰していたヴォーカリストのスキップ・マーティンの魅力にも惹かれました。で、すっかりそんなことも忘れてたのですが、最近の80'sテイスト・リバイバルで気になって聴いてます。シンセも活用したファンクが主流になってますが、慣れればコレもなかなかの快感サウンド。一聴すれば古いけれど、よく聴くと今も時代は巡っておんなじようなコト演ってますから、クールな人達は! そんなことで、ジャズ・ピアニストであり名アレンジャーのレジー・アンドリュースが手掛けたヒット作が本作。
 冒頭のキャッチーな「Let It Whip」がバンドの代名詞的大ヒットで、軽薄なノリ&アレンジですがコーラス含めディスコ・ファンクとしてなかなかよく出来た曲。ライヴ見てから好きな曲になっちゃいました。そして傑作「Gamble With My Love」の登場です。AORチックなメロウ・ミディアムで、スキップ・マーティンのスムージ−な歌唱にハーモニー・コーラスも絶品。本作でも即効でお気に入りでした。この曲ほどじゃないけど、続く「I'll Keep On Lovin' You」、「Just Can't Wait 'Till The Night」なんかのメロウ路線も、まぁまぁエエ感じです。一方、威勢のいいファンク・ナンバーは「Shake What You Got」や「Can We Dance」が70年代のテイストも残していて迫力のグル−ヴが楽しめます。「Keep It Live (On The K.I.L)」は“Let It Whip”の続編みたいな80'sファンク。ここらはサックスでリーダーのボビー・ハリスも歌、曲作りにも貢献。最後はスキップと共にトランペット担当として加入したピエールがファルセットで歌うメロウ・ナンバー「Let Me Love You Until」。これも良い曲で、スッと耳に入ってきます。
「エレクトリックと洗練メロウを上手く取り入れた80's仕様ファンク・バンド。バランス良し!」

Let It Whip


Gamble With My Love




テーマ: Soul, R&B, Funk | ジャンル: 音楽

Delicate Motion / TENSAW * 1981 See Saw | Home | 24K Magic / Bruno Mars * 2016 Atlantic

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ