Delicate Motion / TENSAW * 1981 See Saw

Man's World
tensawa.jpg

 高校生の時から、グダグダながらイケてると勘違いしながらやってたバンド遊び。大学に入ってズゴーンっと打ちのめされたのが先輩達の演奏です。シンパシーを感じたバンドは殆ど無かったけど、自分たちが共鳴できたイケてるバンドもいくつかありました。そんな先輩等が、素晴らしいオリジナルも演りながら高レベルでコピーしてたのが、TENSAWってバンド。こういう人達がいたので、モチベーションも保てたもんです。正直、TENSAWってバンド自体、知りませんでしたが、泥臭いけどシャープでエッジの効いたサウンドは、すぐにお気に入りに。少しテクニカルで、なおかつパワフルなロック魂溢れる音は他では味わえません。日本でも数少ない、ロックってカッコええと圧倒させてくれる人達です。
 最初の活動期は2枚しかアルバムがなくて、80年の1stも曲は粒揃いですが、自分が一番好きな曲は2ndのコッチに入ってます。それがラスト・ナンバー「Sensation」。ほんとイカつい曲で、コード・ワーク、ブリッジのキメから、セイボーの歌唱とモノ凄い吸引力のロック・ナンバーです。鈴木享明のブイブイ・ベース、横内“タケ”健亨の粋なギター・ワーク、富岡“グリコ”義広のパワフルなドラム、そしてセイボ−こと田中聖一の存在感抜群のド迫力ヴォーカルと、役者揃いでノセてくれます。そいでもって、先輩等もコノ曲を演ってて違う意味でオリジナル超えもしてました。全体では冒頭のジャングル・ビート曲「Delicate Motion」、アメリカンな前乗りビート「Resistance」に「Shogyo Music」とワイルドなパフォーマンスで迫ります。結構サウンドはシャープで洗練されてますが、肝となるのがセイボ−の癖になる独特の日本語の語感に節回し、泥臭く熱い歌。このバランスが魅力だったりします。「Talking Words」に「Shining Star」なんかも、展開やギター・アレンジも凝っていて演奏もスリルあります。ドゥービーBrosザ・フー、ラッシュ、ツェッペリンハンブル・パイなど70年代ロックのエッセンスが凝縮された感じで、ロック・バンドの醍醐味を一発で伝えてくれます。それでいて独特のオリジナリティもしっかりあるのが魅力。
「今も信奉者が多い実力派バンド。この人等でないとあかんってサウンド出してます!」

Sensation


Delicate Motion


テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

Blue & Lonesome / The Rolling Stones * 2016 Polydor | Home | Keep It Live / Dazz Band * 1982 Motown

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ