Heat Wave / Martha and the Vandellas * 1963 Motown

Motown
220px-MarthaAndVandellas.jpg



  週末はアンダーズのルーフトップバーで呑み。くだらん話もウケまくりゴキゲンさんで帰って寝たものの、夜中は暑さで何度も起きる不快さです。朝も起きたくないのに目覚めるのでモータウンで強引に快適モードへ。そんな“熱波”も恋心に例えてビートの乗っけたマーサ&ザ・ヴァンデラスです。このモータウン初期の傑作が世に出た1963年。エラいことになってた時期で、ロネッツが「Be My Baby」を出し、ディランが「Blowin' in the Wind」、坂本九が全米No.1となった「上を向いて歩こう」、J.B.が初のアポロ・ライヴをドロップし、UKではビートルズが『Please Please Me』に『With The Beatles』を出すわ、ストーンズは「Come On」でデビューするわ、と明らかに音楽業界にも今のポケモンGOに匹敵する“Heat Wave”到来でした。(←生まれてないけど) ポッポやコラッタの如く、数多く世に送り出されたシングル盤で勢いを増して白人の支持も得たモータウン。スプリームステンプスよりも一足先にブレイクし、モータウンでグラミー初ノミネートとなったのがパンチの効いたヴァンデラスです。
 アルバムはその優秀ダンス・ナンバー「Heat Wave」を軸に組まれてますが、ライターチームH=D=Hのキャッチーな魅力が最初に爆裂した曲としても有名。モータウン・クラシックでも大人気曲で、“天使にラヴ・ソングを”のデロリス、リンダ・ロンシュタットザ・フー、ジャムとこぞってカヴァーもされてます。リチャード・ピストル・アレンの秀逸シャッフル・ビート、ジェイムス・ジェマーソンのベース、肝となるバリトン・サックス、タンバリンと全てが躍動感に満ち溢れてます。タイトなマーサ・リーヴスの歌唱に、前年マーヴィンの“Stubborn Kind Of Fellow”でもキメたキュートなヴァンデラスのハーモニーが絡む完璧な逸品。後は安易ながら、当時のガール・ポップ・カヴァーを中心に楽しめる仕組み。クリスタルズの「Then He Kissed Me」、ダーレン・ラヴの「Wait Till My Bobby Gets Home」といったフィル・スペクターのモータウン版、バーバラ・ルイス「Hello Stranger」、ドリス・トロイJust One Look」などアトランティック・ヒット曲となかなかの節操の無さ。ルビー&ザ・ロマンティクス「Hey There Lonely Boy」、アイネス・フォックス「Mockingbird」といったアーリー・ソウル・ヒッツもマーサの歌で聴けます。当時の映画主題歌「More」や「Danke Schoen」など当時のヒット曲も演ってますが、ピート・シガーのクラシックで多くの黒人にも歌われた「If I Had a Hammer」や、エンジェルズ「My Boyfriend's Back」はモータウン・スタイルがはまってます。
「ギラギラの夏にも心地よく響くガール・グループ。朝のカンフル剤にもなります!」

Heatwave


Then He Kissed Me




テーマ: Soul, R&B, Funk | ジャンル: 音楽

Winners / The Brothers Johnson * 1981 A&M | Home | Girlfriends (The Soundtrack) / Various Artists * 2008 Koch

コメント

No title

ezeeさん、毎度ですー。
数あるガール・グループの中でもマーサ&ヴァンデラスはロック度が高いというか、熱いですね。
しかし、京都は暑いっす。

2016/08/06 (Sat) 19:03 | goldenblue #- | URL | 編集

☆goldenblue さん
京都に昨日、ちょっとの間で戻ってきましたが、うだるような暑さでんなぁ
仕事する気になれませんわ。お互いバテんように頑張りまひょ^ ^

2016/08/07 (Sun) 14:59 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ