Girlfriends (The Soundtrack) / Various Artists * 2008 Koch

R&B Compilation
4151eLXLldL.jpg



 強い日差しの中、じっとしていても汗をかいちゃう日本列島。涼し気なおねーちゃんのいるお店に行って呑むのもイイのですが、ココ最近は大出費なので、ココは我慢しておねーちゃんのR&Bです。実に耳触りがよろしく、リラックスして聴けます。ジャケからして、どっかのガールズ・バーの広告チラシみたいですが、TVドラマ“Girlfriends”のれっきとしたサウンドトラック。既発・未発混在のモノで、ツボを抑えた女性アーティスト人選で心地良いイイ曲が入ってます。
 まず流れてくるのが、いつもの独特の浮遊感で自らの世界に引っ張りこむErykah Badu嬢の「Vibrate On」。現代のビリー・ホリデイらしい、しなやかな歌唱です。じつにクール。レディ・ソウルJill Scottは「Golden」で、ハンド・クラップが効いた粋なグルーヴでノセてくれます。流石の仕上がり。Algebra「I Know」はループ感がクールなヒップホップ・ソウルで、なかなかイケてます。レトロな感覚で迫るEstelle「All Comes Back To You」や、上手さも黒光りするChrisette Michele「Girl Respect Yourself」といったとこも聴きどころ。また全然、知らんかったおねーちゃんDre嬢の「SoulMate」は聴き惚れる美しいスロウで収穫やった人。店やったら次から指名決定です。Persia Whiteの「Choices」はアブストラクトで、よう分からん曲。これは馴染めません。以上がおそらく本作でのみ聴ける曲ですが、既発曲もなかなか充実です。その中でも、Angie Stoneの2ndからの「Wish I Didn't Miss You」は、The O'Jaysバック・スタバ−ズ使いがなんともカッコいいヒップなソウル・ナンバー。そしてなんともいえん涼感の中でソウルしてくれるCorinne Bailey Raeお得意のフォーキー・ナンバー「Put Your Record On」は湿度を下げてくれて最高です。惜しくも亡くなったAmy Winehouseは1stからの「Stronger Than Me」ですがHarmonic 33 Remixで収録ってのが憎いトコロ。2007年の秀作から収録の本作中で最もベテランChaka Khan「Disrespectful (feat. Mary J. Blige)」では力強いファンク・テイストで元気一杯です。モータウンのIndia Arie「I'm Not My Hair」もアルバム・テイクとは感触の異なるシャープなRemixで実に新鮮。
「めっきり少なくなったワクワクするサントラにかこつけたオムニバス。ここはエエ女が揃てまっせ〜」

'Girl Respect Yourself' - Chrisette Michele


Algebra Blessett - I Know


テーマ: HIPHOP,R&B,REGGAE | ジャンル: 音楽

Heat Wave / Martha and the Vandellas * 1963 Motown | Home | Whitney Houston / Whitney Houston * 1985 Arista

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ