AmeriKKKa's Most Wanted / Ice Cube * 1990 Priority

West Side
Ice Cube EP.jpg



 ブレイク・ビーツってのが、どれだけカッコええのかを思い知らしめてくれるアルバム。俳優として“フライデイ”(←おもろい!)などヒット作に主役級で出演して大物になったアイス・キューブが、その前にHip Hopアーティストとして存在感を示した金字塔がコレ。まぁ、今となっても大音量で聴いて興奮できる25年前の作品。これこそがホンマモンやと声を大にして言いたいスーパー・ファンクな音が目白押しです。西海岸L.A.のラッパーが、東の大御所PEのサウンド・チームThe Bomb Squadと共に作り上げるという、数年後の抗争からは考えられない東西交流です。この後、よりドープな東、Pファンク&メロウ化した西、さらにバウンシーな南部と細分化したのは、言わずもがな。西の大御所グループでDr.Dre等を輩したN.W.A.を脱退して最初の一歩です。
 初の黒人大統領オバマ登場の10年以上も前。アメリカの格差社会の根深さは実感しきれない部分が多いですが、タイトルにあるようなKKK白人至上主義団体を揶揄し、怒りに満ちたラップで充満してます。訳詞とか見たらエゲツないです。そういうなのに嫌悪感を抱く人でも、ファンク中毒にはたまらんサウンドで魅了してくれるのが本作。ド頭から白人看守に電気椅子に座らされるやり取りでギョッとしますが、そっからなだれ込む「The Nigga Ya Love to Hate」の身震いするほどのカッコ良さ。シャープ極まりない、キューブのフロウに、The Bomb Squadの天才的なウルトラ・ファンク・ワールド。基本、70年代ファンクのサンプリングに鋭角ビートで再構築する手法で、元ネタ以上にエキサイトさせてくれたりします。特にAWBの“The Jugglers”をガッツり使う「What They Hittin' Foe?」なんか、凄まじい緊張感でマジたまらんです。また「Endangered Species」はPEのChuck Dで共演で、あの“Fight The Power”を彷彿させるビートで爆裂。つづく「A Gangsta's Fairytale」がコレまた激クールなトラックで大興奮です。あとマストなのが「Rollin' Wit the Lench Mob」で、この頃のヒップ・ホップがいかに素晴らしかったかを改めて実感。
 直後のリミックス含むEP“Kill at Will”もセットで聴きたい優れもので、PEとの蜜月を感じる鬼トラック「Jackin' for Beats」、ドープな「Dead Homiez」はココで聴けます。
「久々に聴くと、やたらエキサイトしてしまったヒップ・ホップ初期。むちゃくちゃ熱いです!」

The Nigga You Love To Hate


A Gangsta's Fairytale


Rollin' Wit The Lench Mob


テーマ: HIPHOP,R&B,REGGAE | ジャンル: 音楽

Above the Rim / Various Artists * 1994 Death Row | Home | Fear of a Black Planet / Public Enemy * 1990 Def Jam

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ