FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (88)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.05
29
Category : Rolling Stones
Theme : 洋楽ロック
Genre : 音楽
bridges.jpg



 怒涛のせめぎ合いの交渉事に明け暮れる毎日。ここはいっちょストーンズで箸休めです。90年代のストーンズっていうとコレの前の“Voodoo Lounge”以来、少し疎遠だったりしたのですが、コレはまだ馴染めたアルバム。というのも、カラフルな感覚が少し戻ったポップな要素も多かったから。多分ミックの意向と思しきダスト・ブラザーズはじめ、色んなプロデューサーと組んだのでトレンド感が出たのは吉でした。オッサンだけに支持されるバンドには、なって欲しくなかったので、このゴチャまぜ感は心地良し。最近のアルバムと思ってたけど、もう20年近く前。光陰矢の如しです。
  まずココが大事、1発目掴みの「Flip the Switch」が、勢い溢れるストーンズらしいパワー・ロックでこれはガッツ・ポーズでした。地味だった“Love Is Strong”の掴みに比べ大歓迎です。ワディ・ワクテルも参加のシングル・ヒットも「Anybody Seen My Baby?」もキャッチーなメロディで何回もリピートした曲。ここでは何とビズ・マーキーの声もサンプリング。シングル曲はどれも印象的で、テンプスの“Papa Was a Rollin' Stone”にインスパイアされたという劇的な「Out of Control」、チャーリーのドラムをサンプリングしてビートを構築した上にビリー・プレストンのオルガンも乗っかった「Saint of Me」と、キャッチーな仕上りに嬉しくなります。ミックの好奇心溢れる冒険に、“しょ〜がね〜な〜”とつき合うキースやチャーリーの構図がたまりません。もちろん地に足はついていて、“Emotional Rescue”の頃のようなタイトなR&Rグルーヴを聴かす「Too Tight」なんかは必聴です。他もソコソコながら、王道ストーンズ印満開の「Low Down」や、“刺青の男”B面っぽいメロウさを出す「Always Suffering」も聴きどころ。一方、我が道をいくとばかりにレゲエ趣味をモロ出しした「You Don't Have to Mean It」に、オールド・スタイルで貫く「Thief in the Night」のキースの歌う曲も良きアクセントに。最後もキースの「How Can I Stop」で“とっ散らかした分、俺が締める”と、なぜかウェイン・ショーターまで呼んできたスロウで締めくくります。
「50代に突入した頃のストーンズの記録。ペースは落ちても、創作意欲に満ち溢れてます!」

Flip The Switch


Out of Control


Too Tight


Comment

非公開コメント

キースの歌うhow I can stop
すごい名曲だと思います^ ^

No title

★片山ニクさん
 キースが3曲も歌うのは珍しいすな。ソロ活動が認められたのか? 年取るほどに歌もうまくなる感じっすね!