FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

A Thin Line Between Love & Hate / Music From The Motion Picture * 1995 Warner Bros

20060330013126.jpg

今は亡きロジャー・トラウトマンが大活躍した最後アルバムがこのサントラ。映画自体は未見ですが、良質なSoul&Hip Hop集として充分に機能する激グレイトコンピです。ロジャー自身は'91年に出た「Bridging The Gap」以降は客演ばっかで、ちゃんとした形ではなんも出ず状態だったので数曲とはいえ当時は正に待望の一撃でした。なのにコノ4年後に他界とは・・ラストファンクマンと思っていただけに大きな痛手です。
 中身は頭からZappの傑作Heartbreakerモロ使いのSnoop率いるL.B.C. Crew Beware Of My Crew」で胸躍ります。そして2曲目にしていきなりハイライトといえるH-Town feat. Roger & Shirley Murdockのパースウェイダースの名曲「A Thin Line Between Love & Hate」!コレはもうエクセレントといえる内容でディノのソウルフルな歌声に絶妙なヴォコーダー、更にシャーリー・マードックの登場で昇天間違いなし。Roger & Shirleyのコンビは「Chocolate City」なる重量ファンクも披露。またRap系ではDrawzがComputer Love使用の「Thin Line」を演ってたりと随所にRoger色が散りばめられてます。他にもJuicy Fruit使いのR.KellyFreak Tonight」、Al Greenの名曲を巧にまぶしたGanjah. KLove Got My Mind Trippin」、重量級バラードSandra St. VictorCome Over」、勢い良いRapが痛快なSmoothWay Back When」等、聴き所満載となっております。
「クアトロで見た真のロジャーのエンターテインメント。その精神は今も仕事にも役立ってます!」

H-Town - A Thin Line Between Love and Hate (feat. Shirley Murdock & Roger Troutman)


Comments 0

Leave a reply