We Are The World: U.S.A For Africa / Various Artists * 1985 Columbia

Mainstream
XWCQL.jpg



 なんとなく聴きたくなった80年代を象徴する大曲「We Are The World」。というのも、電子ブックで“ウィー・アー・ザ・ワールドの呪い”っていう、ちょっと面白い本を読んだとこだったので。ジャケにある集合写真に写らなかった人物の逸話なんかも興味深いモノでした。提唱者Harry Belafonte、予期せず参加してくれたSmokey Robinsonなどを除いて、唯一リード・シンガーの立場でリード・パートが無かったジューン・ポインターの話や、これに機に2年後くらいまでに参加アーティスト皆が失速していく説は、通勤の暇つぶしには結構おもしろい話です。要は叶うはずのなかった夢の共演が果たされてしまい、世界的に露出されまくったことによって、アーティストに必要な神秘性とかカリスマ性が薄らいだということです。参加アーティストは「親公認のアーティスト、前時代の象徴的存在」となってしまったのと同時に、老若男女、ザ・ベストテンの曲のように支持されることがなくなっていきます。この辺りから音楽が細分化されたのは偶然かもしれないとはいえ面白い視点です。やっぱ小出しにエエもんは出していかなあかんということで、これはブランド商売と似ています。
 しかしベタながら素晴らしい曲であることには変わらない「We Are The World」。当時のマス・レベルでの米国人気アーティストが奇跡の集結を果たした歴史的セッションです。クインシー・ジョーンズ仕切りながら白人・黒人をバランスよく配置し、Michael JacksonLionel Richieが曲を書いた神曲。“Let It Be”や“Bridge Over Troubled Water”のようなクラシックを目指したといいます。歌唱の存在感が大きかったStevie WonderBruce SpringsteenBob DylanRay Charlesなんかの登場場面はシビれます。1パースながらDionne WarwickBilly JoelDaryl Hallなんかも大貢献。特に生きていたら参加してた筈のサム・クックならこう歌ったであろうSteve Perryや、本来プリンスが歌うハズだったところをドタキャンしたため急遽歌ったHuey LewisからCyndi Lauperへのマイク・リレーなど感動の場面満載です。もちろん復活を果たしていたTina Turnerや、 Kim CarnesDiana Ross等の大御所も登場。チャリティーという大義名分の下とはいえ、この高揚感は、細分化されまくった今、もう後にも先にも無いかもです。アルバムは他に、Prince & The Revolutionの「4 The Tears In Your Eyes」や、The Pointer SistersChicagoの曲も収録。なかでもNorthern Lights「Tears Are Not Enough」はカナダ人オールスターズでJoni MitchellNeil YoungBryan Adams、Mike Reno (Loverboy)、Ronnie Hawkinsらが参加。
「実は全然、平等じゃない人間社会。派手なチャリティーもいいけど、金持ちは黙って再分配すべし!」

U.S.A. For Africa - We Are the World


USA For Africa We Are The World (Live Aid)


テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

Rockin' All Over the World / Status Quo * 1977 Vertigo | Home | Purple Rain / Prince And The Revolution ‎* 1984 Warner Bros

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ