Life Of A Kid In The Ghetto / Ed O.G & Da Bulldogs * 1991 PWL

East Coast
ED.jpg

その昔、ソウルトレインでパフォーマンスしてるのを見て一発で気に入ったグループ。ATCQやDe La Soul等ニュースクール系台頭の'90年代初頭に時を同じくして登場し非凡なセンスで完全にノックアウトされました。Nice&Smoothで名を馳せたオウサム2がバックアップしたファンクなサンプリング・サウンドとエドの繰り広げる野太いラップは相性抜群で今聴いても最高です。この時期の東海岸(N.Y.)発のサンプリングセンスを競ったCoolなグルーヴは「ネタが何か?」というよりも「どんだけ気持ちエエか」に主眼が置かれてる感じでヴォリュームを上げれば上げるほど昇天できること間違いなしです。ちなみにこの人等はボストンの人ですが・・
 さてこの1stですが正にクラシックといって差し支えない天晴れな内容で「しょーもないから飛ばしたれ」という箇所が一切無いのが凄いところ。エレピ音が実にCoolな「Speak Upon It」、ブルルルンとフックが印象的な「Feel Like A Nut」、もう完璧と言っていい「I Got To Have It」、Snoopでもおなじみのバーナード・ライト傑作グルーヴ引用の「She Said It Was Creat」と前半からしびれっぱなしです。後半はロイ・エアーズ使い「Be A Father To Your Child」をメロウに決め、怒涛のラストです。アーチ・ベル使い「Bug-A-Boo」からタイトル曲「Life Of A Kid In The Ghetto」はやみつき必至の極上グルーヴで何回でもリピートしちゃう傑作2連発です。
「とりあえず車でもヘッドフォンでもエエし爆音で聴いてください!」

I GOT TO HAVE IT


Bug-A-Boo


テーマ: HIPHOP,R&B,REGGAE | ジャンル: 音楽

A Thin Line Between Love & Hate / Music From The Motion Picture * 1995 Warner Bros | Home | Look-ka Py Py / The Meters * 1969 Josie

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ