FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (89)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.03
18
Category : Southern & Deep
Theme : Soul, R&B, Funk
Genre : 音楽
willie.png



  好き嫌いが別れるサザン・ソウル。このくさやの干物みたいな音楽の愛好家の中でも、絶対的に支持が高いのがアラバマのソウルマン、ウィリー・ハイタワーです。大学時代に聴いた、いかがわしい出処のフェイム録音LPで聴いた時の衝撃は忘れません。キャンディ・ステイトンに続いてコレでしたから、くさやの干物が大好物になっちゃいました。その後、P-Vineが組んだFuryの名盤も聴いて、私の中では絶対的なシンガーとなりました! 
 さてこの配信で聴けるIf I Had A HammerのExpanded Edition。以前、CDで出たHonest Jon'sの編集盤と同様ですが、CapitolからのLPに、70〜71年のフェイム録音を加えた超優れものです。サム・クック・フォロワーながら、オリジナリティ溢れるシャウトと、優しくディープな歌唱で何とも心をとらえて離さない名シンガーです。まず聴きたいのがFameでの70年「Walk A Mile In My Shoes」。ジョー・サウスのヒット曲をリック・ホールが“完璧ではない”とソウル版で作り上げた激傑作ジャンプ。マッスル・ショールズの面々の演奏、ウィリーの熱い歌唱が劇的に絡みあう名演がココに誕生です。フェイムの奇跡がここに集約されてます。これを含む6曲がフェイム録音ですが、総じて素晴らしく「Back Road Into Town」、「You Used Me」、「Time Has Brought About A Change」、「Poor Man」、「I Can't Love Without You」も絶品。スロウ中心にカントリー風味溢れる、珠玉のサザン・ソウルの旨味がじっくり味わえます。その直前となるCapitolのLPも力作で、サムがコパのライヴでも取り上げていた「If I Had A Hammer」をタイトル・ナンバーに力唱してます。アルバム・トップを飾ったゴスペルチックなスロウ「It's A Miracle」から丁寧な歌唱が光ります。自作のデビュー・シングル「It's Too Late」でのブルージーな感じもなかなか。ボビー・ロビンソンが書いたシングル「I Love You (Yes I Do)」や「Nobody But You」など、もろサム・クックで愛情を感じます。カヴァーでは、Captolでのシングル「(I Love You) For Sentimental Reasons~You Send Me」や「Somebody Have Mercy」も演ってます。他では「Ooh Baby How I Love You」あたりのリズムを効かしたミディアムも良いです。
「サザン・ソウル好きも、サム・クック・ファンも必聴のソウルマン。まぁ、グレイト!」

Walk A Mile In My Shoes


I Can't Love Without You


Comment

非公開コメント