Free Soul - Drive With Jigsaw / Jigsaw * 2006 Victor

Groovy & Mellow
jigsaw_convert_20151104012738.jpg

 ずっと最初に買った洋楽のレコードってJ.ガイルズ・バンドやと思い込んでたのですが、この前にユーチューブでプロレスを見てて気づいたのが記憶違いだったってこと。本当はジグソーの“スカイ・ハイ”でした! もちろん空中殺法メキシカン・プロレスの大スター、ミル・マスカラスのテーマ曲だったから。マスカラスが入場する時、この曲が流れる時は国民大興奮だったのです。シングル盤(B面はNTVスポーツ行進曲と最高のカップリング)のジャケもマスカラスだったので歌ってるのも本人やと思ってたくらいです。とにかく、正義でクリーンなイメージのマスカラスのイメージにぴったりのカッコいい曲やと、小学校低学年やった私も惚れ込みまくりでした。ドラマチックなイントロ、♪Blow (Blow, Blow)とエコーでこだまする歌い出し、キャッチー極まりないBメロからサビへの展開、と無茶苦茶なデタラメ英語で鼻たらしながら歌いまくってましたヨ。そしてコレ歌いながらフライング・ボディ・アタックをプロレスごっこでキメるってのがお決まりコース。歌詞なんかどうでもよかった子供の頃なので、空に飛ばされて舞い落ちるくらいの失恋ソングやと知ったのは大人になってからです。
 そんなことで、なんでも上手いこと盛り付けしてくれる橋本徹が監修のフリー・ソウル・シリーズ、ジグソー編です。75年の大傑作「Sky High」はプロレス・ファンからグルーヴィー・ソウル・ファンまで必聴です。最近までメンバーの写真さえ見たことなかったのですが、白人4人組バンドで透明感ある美声で歌うのがドラマーのデス・ダイヤ−とのこと。ん〜、マスカラスが歌ってたら良かったのに〜。他の曲はたいしたことないやろって先入観バリバリでしたが、なかなかそうでもないことをしっかり伝えてくれます。ピアノのリフにサビがキャッチーな「Who Do You Think You Are」はカヴァーも多い有名曲で、軟弱なシカゴのようでナカナカ良いです。この曲含め、AOR的だったり、70'sソウルっぽかったり、選曲の妙もあって全体的に心地よく聴けます。好みやない曲もチラホラあったりしますが、「Everytime (Alternative Version) 」や「Here We Go Again」、「Count Me In」あたりはモダンなシティ・ソウル風アレンジも奏功していて聴きどころ。この辺はかなりエエ感じです。結構ファンキーに頑張る「Listen To The Joker」、爽やかでソフトなグルーヴにコーラスも美しい「High And Dry」も佳曲。イントロだけ聴くとスカイ・ハイと同じでプロトタイプともいえる「Mention My Name」など、なかなか興味深い曲も収録です。
「てっきり一発屋と思ってたジグソー。ソフト&メロウが光ります!」

Skyhigh


Listen to the joker



テーマ: アルバムレヴュー | ジャンル: 音楽

Private Dancer / Tina Turner ‎* 1984 Capitol | Home | Explores Your Mind / Al Green * 1974 Hi

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ