音系戯言

ARTICLE PAGE

More Than A Woman / Toni Braxton * 2002 Arista

20060322023507.jpg

SEXYな佇まいも素晴らしいトニ嬢ですが、何よりも声自体が唯一無二のグレイトVoiceで常にリスナーを魅了してくれます。新境地開拓とばかりにHip Hopに接近した本作品はArista最後の4作目で、結婚後初ってことで男性諸君が嫉妬したのか、ビッグヒットを含む前作に比べセールス的には今一歩でございました。しかしなかなかどうして大した事ない楽曲でもその声でランクアップさせてしまうToni嬢、並のアルバムとはなってません。
 冒頭のC.Mayfield使いの「Let Me Show You The Way」からトニ節全開で、No I.D.(←カニエ・ウエストの師匠格)制作のクールなトラックとも相性バッチリです。続く、The Big Tymersをフューチャーした「Give It Back」といいエッジの効いたバックトラックにToniの艶やかな声が映えまくり。スロウ・ダウンしても存在感のある声&歌いまわしで魅了する「A Better Man」、Neptunesを迎えた「Hit The Freeway」なんかも決して音に負けることなくなかなかのマッチングを見せてくれます。Rodney Jerkinsが手掛けた「Do You Remember When」やIrv Gottiの「Me & My Boyfriend」も文句無しの素晴らしさ。清涼感が漂う「Selfish」は中盤での良いアクセントにもなってます。また今作では1曲のみの参加にとどまったBabyface絡みのマイナー調スロウ佳曲「And I Love You」では改めて歌の上手さがキラリと光ります。旦那のKeri Lewis(元ミント・コンディション!)制作曲となる「Lies Lies Lies」に「Rock Me Roll Me」は、正直まあまあの曲ですがトニ嬢のセクシーな歌唱は一聴の価値あり。全編バラバラのようでいて統一感がしっかり存在していて、なかなか飽きさせません。
「目立ったヒットは無いですが、スルメのように聴けます!」

Let Me Show You The Way


Comments 3

4real

コメント・TBどうもありがとうございます!!
『HIT THE FREEWAY』はネプの独特さとTONIの力強さが最高ですよね!!

2006-03-23 (Thu) 21:04 | EDIT | REPLY |   

berry

最近聴いてないですね~。
彼女って、ジャケの度に顔が変わってる気がする?ような...

2006-03-23 (Thu) 22:41 | EDIT | REPLY |   

ezee

★4realさん
 おおきにです。正直Neptunesとのタッグには驚きでしたが、新鮮でしたね~。
Babyfaceとのバラード路線一辺倒だったらあきてたかもしれません!
★berryさん
 毎度です!顔変わってますかね~??
半分虜状態なもんで・・包み込むような歌声で盲目状態でした!

2006-03-24 (Fri) 01:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply