FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

More Adventures Of Funksoul Sisters / Various Artists * 2005 metro

411.jpg

 安くて美味しいっていう何処かの食いもん屋みたいなコピーがピッタリのmetoro選女子ソウル集第3弾。このシリーズの良いところは決してありきたりの選曲ではなく何かしら“発見”があるトコでしょうか。第1集、2集と合格~って人は迷わず購入をオススメです。またジャケの顔よりでかいアフロも最高です。
 今回も当シリーズの象徴ともいえるBetty Wrightの「Secretary」で軽快にスタート。Miami系サウンドに溌剌ヴォイスがよく映えます。続いては何とブレイク前18歳のWhitney Houstonが唄うMaterialMemories」でシティメロウバラード的趣きの中、既に堂々の歌いっぷりです。正に発見。C.Mayfield関連は'70年代に手掛けたMavis StaplesA Piece Of The Action」他、初期に手掛けたシカゴ・ソウル風味がたまらんJune ConquestAll I Need」やThe FascinationsGirls Are Out To Get You」と充実。ディープな歌声が最高なAnn Sextonの「I'm His Wife, You're Just A Friend」に、いなたいファンキーぶりがたまらん「You're Loosing Me」あたりも文句無しです。またスタックスにも在籍したJean Knight嬢の「Jessy Joe」や、クールな感触がたまらんLinda Cliffordの「Never Gonna Stop」とそれぞれ持ち味を充分に発揮の好ナンバーが聴けます。一方、Roy Ayers関連も充実ですがSylvia Striplin在籍のEighties Ladies「Ladies Of The 80's」なんてのも今回も入ってます。色々盛り沢山の16曲ですが最後はIke & Tina Turner Cussin' Cryin' And Carryin' On」とCoolなFunkで締めです。
「metroさん。また次も頼んまっせ」
MATERIAL featuring Whitney Houston & Archie Shepp "Memories"


Comments 0

Leave a reply