Nothing To Lose / Music From And Inspired By The Motion Picture * 1997 Tommy Boy

Hip Hop Compilation
not tonight

  な〜んかやたら♪レディス・ナイト、終っわらな〜いと頭でリフレインしまくる今月。休みボケでまだ脳のネジが50本ほど緩んでるせいやと思いますが、クール&ザ・ギャングだけやなくリル・キムのヴァージョンもアホみたいによく聴いてます。20年ほど前は“今月のサントラ!”ってくらい毎月ローンチされてたサントラ盤に入ってたスペシャル・ヴァージョンで、他も祭りみたいに色んなアーテイストのコラボが聴けたり、ちょっとお遊びのオールド・ソウル・カヴァーが入ったり、非常に楽しい趣向でした。肝心の映画は置き去りにして、インスパイアーされたとかコジつけに近い言い草で色んなプロモーションが絡んだ、新曲発表や実験の場であったりしましたが、ホーム・グラウンドでの発表のモノよりオモロいものもあったりして聴くほうはワクワクでした。
 さてココからの大ヒット「Not Tonight (Ladies Night Remix) 」は元々リル・キムの1stにも収められてたジョージ・ベンソン使いのウェッサイ・チックなもの。サントラ収録にあたって大幅なトラック変更で名義もLil' Kim featuring Da Brat, Angie Martinez, Missy Elliott and Lisa "Left Eye" Lopesでまさに女の祭り仕様。グルーヴィーなディスコ・ラップとしてオリジナルより有名になってました。クール&ザ・ギャングの元トラックの気持ち良さに加え、TLCのレフト・アイやミッシーがかわるがわる圧巻のラップで繋ぐインプレッシヴな曲に変身です。一気に本サントラの価値を上げてます。ほか、イースト・コースト系では、トレッチの切れの良いラップが光るトミーボーイ代表Naughty By Nature 「Nothin' To Lose」 、かなりの硬派なザラつき具合が嬉しいCapone-N-Noreaga「Thug Paradise」は文句無しのクールな仕上りですが、クラシックとなるStetsasonic「Go Stetsa I」の収録には燃えます。またウェッサイ勢ではDat Nigga Daz & Soopafly 「Put The Monkey In It」や、メロウなMac & A.K. 「Way 2 Saucy」あたり気持ちええビートで乗せてくれます。Coolio feat. The 40 Thevzの「C U When U Get There」なんか、マキタスポーツ並みに王道カノン進行を小馬鹿にしたような曲で笑けます。音楽的にはしょーもないけど、サウスの総帥Master POutkastも収録です。歌モノでは、Mary J的なAmari feat. Buckshot 「Get Down With Me」や、久々の登場だったOran "Juice" Jones feat. Stularge & Camp Lo 「Poppin' That Fly」(DJ Clark Kent Remix)なんかも注目でしたが、なんといっても1等賞はテディ・ライリー制作の男性グループ911 feat. Queen Penの「In A Magazine」が抜群のカッコよさ。Queen Latifahがラップじゃなく歌った「It's Alright」や、ロンドンの歌姫Des'reeの「Crazy Maze」も結構イケます。
「優秀な幕の内弁当だった90年代サントラ。スペシャル・コラボも楽しかな」

Not Tonight (Remix)
[Feat. Lisa "Left Eye" Lopes, Da Brat, Missy Elliott & Angie Martinez] / Lil' Kim



IN A MAGAZINE - 911 feat. Queen Pen


テーマ: HIPHOP,R&B,REGGAE | ジャンル: 音楽

For the Cool in You / Babyface * 1993 Epic | Home | Gettin' Ready / The Temptations * 1966 Motown

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ