EXPO EXPO / m-flo * 2001 Avex

00's Female R&B
expo.jpg



  やっぱり音楽は面子が大事。人間業ですから。見てても、演っても感じるのが、何かを持ってる人とそうでない人の2種類の人がいるってこと。しょーもない奴が何人集まってもダメです。上手い下手を別にして、持ってる人が集まったグループは凄い化学反応で興奮を引き起こします。なんぼ上手いこと演奏しても、ソツなくパフォーマンスされても、それより下手な“持ってる人”のソレに絶対勝てないのは、そのため。レフト・アイのいた時のTLC、ローリンとワイクリフ擁するフージーズ、ロニー・レインのいた時のフェイセズ、サンジのいた時のARB、デヴィッド・ラフィンのいた時のテンプス、初期J.B'sとのジェイムス・ブラウンなど解析不可能なマジックを感じます。そんなことで、最近appleのキュレーターに導かれるままに聴いてると出てきたのがLISA嬢。そっからm-floを聴きたくなって超久々に傾聴。今もたまにオッと思うのをドロップしてくれるけど、このLISA時代、凄いマジックで引き込みます。
 この2ndはLISAがいた3人組時代の最後のアルバム。LISA嬢よりスキルが高いシンガーって沢山いるんでしょうけど、グループの有能でカッコいいMC・VERBALとのフロントでのコンビ芸は無敵状態。トラックメイクのTakuもLISAを想定して作ってたからこそ生まれたとしか思えないグレイトでブッ飛んだトラックを連発です。中でも最高峰は大ヒット「come again」で、キュートで切ないLISA嬢の歌唱にVERBALのキレっキレっのラップ、高速メロウ・トラックをブチかますTakuとハンパない神曲。そして優るとも劣らないVERBAL&LISAのWラップに胸キュン・メロが劇的な「How You Like Me Now?」とまさにコノ面子やねんっと言いたくなるグレイトなトラックが登場。他も、Towa Tei、Bahamadia、Chopsが参戦の先進的なタイトル曲「EXPO EXPO」、ATCQ彷彿のトラックにVERBALの日本語ラップもシビれる「What It Is」、70'sディスコをアップデイトさせた「Orbit-3」と違和感なく様々なスタイルで魅せます。また、ブッダDev LargeNippsの参加で興奮必至の「Dispatch」、生バンドをフィーチャーした普遍的ミッドR&B「magenta rain」、LISA時代最後のシングルになった珍しい直球バラード「Yours only,」、Dr.Dreみたいにドープな「The Bandwagon」と様々なスタイルを、統一感を持って聴かせます。当時11年後に想定したヴァーチャル万博を想定したアルバム・コンセプトもクール。ヒット・スタジオでお馴染みの服部まこもジングルで登場です!
「猛暑に響くシュワシュワの炭酸水のようなm-flo。LISAともまた演ってね!」

come again


How You Like Me Now?


テーマ: HIPHOP,R&B,REGGAE | ジャンル: 音楽

Bo Diddley's Beach Party / Bo Diddley * 1963 Chess | Home | This Kind of Lovin' / The Whispers * 1981 Solar

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ