Live at Rockpalast / Stray Cats * 2015 M.i.G Music

Rock'n Roll + Rocabilly
stray.png



  注目のローンチとなったApple Musicをお試し。それこそi-tunes Storeとおんなじメニューが聴けるのかと思いきや甘かった。。i-Cloudとの連携未成熟もあって3ヶ月後の課金はAWAにするか悩ましいトコロ。それでも聴きたいなぁって思ってた音源がたらふく聴けるのはやっぱ素晴らしい。AWAかApple Musicがあれば当分CDはまた買わないことになりそう。元々、ハイレゾとかに入れ込むほど、お金も高感度な耳も持ってないので、これは万々歳です。色んな音楽が聴けて発見があるほうが楽しいもんね。早速、探訪してみるとJames BrownやFunk系の充実ぶりになかなかの満足感。ローンでジューク・ボックス買ったと思ったら安いもんです。Music Unlimitedの時もストレイ・キャッツのライヴが充実してたので、覗いてみると本年、正規発売されたストレイ・キャッツ初期のロック・パラスト・ライブがラインナップ。もうこれ見て、合格〜ってなっちゃいました。
 評判の中身はまず83年ドイツ・ローレライの屋外ライヴの前篇17曲。元々、初期はライヴ音源が少ないだけに待望だったDVD化でしたが、演奏と録音の良さにメンバー自身もCD発売もOKした充実ライヴ。ジョニー・バーネット「Baby Blue Eyes」から始まる、本国アメリカ・ブレイクも果たした後の余裕も感じる演奏。オリジナル「Rock This Town」に、「Stray Cats Strut」、「Runaway Boy」あたりは言わずもがなの無敵曲。加えて3rdからの「She's Sexy And 17」など4曲や、「Built for Speed」と充実です。ブルーグラス「Foggy Mountain Break Down」のライヴなんか初めて聴きましたが、バンジョーを弾いてもブライアン、イカしてます。ジョージ・ジョーンズのカントリー・ヒット「The Race Is On」に、親分Dave Edmundsもギター参戦するジョニー・バーネットの「Tear It Up」、バディ・ホリーの「Oh Boy」も楽しさ満開です。
 後編は81年ドイツ・ケルンでの最初期ステージ14曲。あの傑作1stに近い感触でさらに燃えます。コチラも、どんだけ好きやねんって言いたいジョニー・バーネット・ナンバー「Sweet Love On My Mind」でスタート。スタジオ盤でも演ったジーン・ヴィンセントDouble Talkin' Baby」、興奮マックス必至の「Rumble In Brighton」と大喝采で突き進みます。サン・ロカビリー「Ubangi Stomp」、「Fishnet Stockings」とブライアンの愛器グレッチも唸りまくり。加えて、ジーン・ヴィンセントのスウィート・ナンバー「Important Words」、エディ・コクランの破壊的クラシック「Sometin' Else」もかます、グレイトな構成。最後は2ndのタイトル曲「Gonna Ball」で勢いそのままに〆。
「買う気が無かった音源との興奮の出会い。素晴らしきジューク・ボックスに感謝!」

Rock This Town (Live Rockpalast, WDR Tv)


Tear It Up (with Dave Edmunds)



テーマ: 洋楽CDレビュー | ジャンル: 音楽

Best Of The Fantastic Four / Fantastic Four * 1969 Motown | Home | Sticky Fingers Live / The Rolling Stones * 2015 itunes

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ