Warm & Tender Soul / Percy Sledge * 1966 Atlantic

Atlantic, Stax
WarmAndTenderSoul.jpg



自分が生まれる前に活躍してたようなシンガーを好んで聴いてると、今や既に故人だったり、結構なお年寄りだったりするわけで毎月のように訃報が入ってきます。忘れられたような人が亡くなって脚光を浴びるようなケースも多いですが、生きてるうちに映画や再発なんかで取り上げられ再び注目されたパーシー・スレッジは幸せな晩年だったのかもしれません。映画「マッスル・ショールズ」でも、”When A Man Loves Woman”のくだりが映しだされててコノ奇跡の名曲がクローズ・アップされていて改めて良さを再確認したのが最近。普通の音楽ファンからしたら一発屋のイメージかもしれませんが、サザン・ソウル・ファンにしてみれば色んな名録音を残してくれた味のあるシンガーです。このアラバマの隙っ歯のおやっさんに敬意を表して2ndアルバムの紹介。
 本作はデビューで前述の大ヒットを放ったパーシーが“勢いのまま行ったれ”とメイ・J並みにカヴァーで大半が埋めて出された66年作。しかしその中に琴線に触れる名唱があるもんやから、たまりません。それが「That's How Strong My Love Is」。色んなシンガーに取り上げられるディープ・ソウルの名曲ですが、通常多いのはオリジナルのO.V.ライトのヴァージョンをなぞったもの。しかしながらパーシーはアトランティック繋がりからか、共演も多かったというオーティスのヴァージョンってのがミソ。いつもより気持ち辛口の歌唱がハマっていて、この曲のカヴァーでも好きなものの一つです。そして目玉がパーシー自身を端的に表現した、アルバム・タイトルの元となったジョー・ヘイウッドの「Warm And Tender Love」。コレもこの人の為の曲やったのかと思う程、見事に優しく深いソウルを伝えてくれてます。ソロモン・バークの「I'm Hanging Up My Heart For You」もなかなかイケてます。ダン・ペン作でスマッシュ・ヒットとなったバラード「It Tears Me Up」や、リズムものも結構奮闘のノーザン・スタイル「Heart Of A Child」、チェスのモーリス&マックも歌った「So Much Love」も本作収録。でもご愛嬌なのが、他のカヴァーがパッとせんところで、スモーキーの「You Really Got A Hold On Me」、ジョー・テックスの「A Sweet Woman Like You」、エルヴィスの「Love Me Tender」、スタンダード「Try A Little Tenderness」、ジェリー・バトラーの「I Stand Accused」、エドウィン・スターの「Oh How Happy」といろいろと演ってますがソコソコ。
「ソウル界のミスター・ウォーム&テンダー、安らかに!」
Warm and Tender Love



テーマ: ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク | ジャンル: 音楽

Goats Head Soup / The Rolling Stones * 1973 Atlantic | Home | Call me Miss... / Crystal Kay * 2006 Epic

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ