FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (88)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
12 ≪│2019/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.10
14
758.jpg

“隙があったらかかってこんかいっ”でおなじみのレオン・ヘイウッド。裏ジャケでは“くっさ〜”のポーズも披露です。(←嘘です) さて最近、ろくすっぽ持ってもいないアルバムを(←クラウドやHDDには一応あります)、さも大事に所持してるような感じで偉そうにレヴューしてて、こんなんホンマに許されるのか?と感じてましたがコレはフィジカルで持ってます。ジョー・サンプルやデヴィッド・T・ウォーカー、レイ・パーカーJr、ウェルトン・フェルダー等の西海岸系腕利きミュージシャンを従えたセルフ・プロデュースの本作。自らもオルガン奏者として活躍してましたが、ここで素晴らしいのがレオン本人のディープで男らしい歌声。これは押さえておきたい名盤です。
 一発目の「Come And Get Yourself Some」からユルいトロピカルなリズムでムムッと思ってたら、途中からレオン氏の劇的に素晴らしいコブシが炸裂。Bメロの♪ルゥ〜ズ・コントロ〜ル”って部分だけでも、ソウル・ファンは万歳三唱です。なぜこれが名作とされるのか一発で理解できる場面が1発目で堪能できます。こういうグレイトなのを聴くと、中毒の沼にハマっていくのである意味危険な曲。確実にソウル・ミュージックの醍醐味が味わえます。デヴィッド・Tのプレイも光るムーディなミディアム「This Feeling's Rated Extra」に続いては、Dr.DREのウェッサイ傑作サンプリング“Nuthin' But A G Thang”がまず頭に浮かぶ「I Wanna Do Something Freaky To You」の登場です。このオリジナルは喘ぎ声も挿入されたセクシー・ソウルでチャートでもヒット。ミュージシャンもカブってるせいか、非常にマーヴィンの“Let's Get It On”あたりの影響を感じます。曲調は平凡ですがミッド・ファンク「Who You Been Giving It Up To You」でのレオンの歌唱も絶品です。スタックスAnnette Thomasのカヴァー「You Need A Friend Like Mine」は作者のFrederick Knightも歌ってるサザン・スタイルのリズム・ナンバー。エレガンスなスロウ「Consider The Source」の後、「Just Your Fool」はもろにアル・グリーンの“Love and Happiness”の影響下にあってサウンドもハイ・サウンドをトレイスしてます。ムーディに「I Know What Love Is」をキメた後は、「Believe Half Of What You See」でステイプルズの“If You're Ready”をきっちり西海岸版にトレイス。抜け目ないです。
「いろいろ聴いて、リセットしたい時にバッチリはまるアルバム。歌良し、演奏良しのザ・70's ソウル!」

Come And Get Yourself Some


I Wanna Do Something Freaky To You



Comment

非公開コメント

学生時代はきっとピンポンやっていたんでしょうねえ^_^
いいですね これ!

実はフルートの音に結構弱いです。
ちょっとラウンジぽいというか
B級ぽくはなるんですが
好きなんだなあ^_^

No title

★片山ニクさん
 あと通信教育で空手もやってたみたいです! 
私はオルガンとエレピの音にめっぽう弱いです。そこに熱い歌が乗っかるともうたまらんっすな。