Black Messiah / D’Angelo and The Vanguard * 2014 RCA

10's Male R&B
dangelo_blackmessiah.jpg



 ホントに出るまで絶対信じひんぞって思ってた、孤高のリアル・ファンカー、ディアンジェロの新作。配信音源ではリリース済みなので間違いないです。早速コレ書きながら、深聴き。安モンのビールも美味くなるやんか〜 もうえらい前になっちゃった前作VooDooから15年、今回はザ・ヴァンガードなるグループとの共作名義ですが、ザ・ルーツのクエスト・ラヴ(←最近の良作請け負い人)、QーTip、The Whoと演ってるピノ・パラディーノ、P-Funk若手のケンドラ・フォスター、そしてGroove Masterジェイムス・ギャドソンといった参加メンバーを総称してるようです。しかし、この音!紛れも無くディアンジェロ流儀の濃厚黒汁が滴り落ちるあの空気感、まさかの登場です。ココにきて要人の新作ばっか聴ける、嬉しい日々となりました。
 シーンも15年の間に、エレクトロに変化しましたが、ココではホンマかいなって思ってしまう頑固一徹のヴィンテージ・アナログ機材を全て用いた人力グルーヴで全編構築。なんかEDM系の音楽が超安もんの音楽に聴こえるくらいです。再び人種問題を露呈したファーガソン事件や、エジプト革命などへ決起した人々への熱いメッセージも込めた本作。冒頭に収められた「Ain't That Easy」から、ディアンジェロ節炸裂のスロウ・ファンクで鼻の穴が膨らみます。緊張感溢れるファルセットに淡々としたグルーヴ、先人が築いてきた音へのリスペクトも感じるトラックです。怒りを露わにした「1000 Deaths」、新しいアプローチを感じる「The Charade」と続きます。この辺はVoodooのスカスカ感よりもサウンド・メイキングはやや厚め。前作でのメソッドマン&レッドマン・コラボを思い出さずにいられないクールなビート「Sugar Daddy」から、荘厳なストリングス&月亭可朝風スパニッシュ・ギターにファルセットが美しい1stカット「Really Love」と神君臨を彷彿させる流れを見事構築。中盤以降はこれぞディアンジェロといったサウンドで、すきまファンクの真髄を見せつける「Back to the Future」、タメずらしグルーヴも冴え渡る「Till It's Done (Tutu)」に「Player」も聴きどころ。そしてジャジーな感覚をふんだんに用いた「Betray My Heart」で粋やなぁと思わず口にするも、一転フォーキーな「The Door」ではアーシーに迫ります。最後はDavid T.walker風のギターが心地良い、2014年版スウィート・ソウルの様相さえ見せる「Another Life」と、じっくり聴くしか無い見事な構成。
「しっかり生きていた天才クリエイター。ボビーのあと、ラスト・ソウル・マン後継はあなたです!」
Really Love


Ain't That Easy


テーマ: 洋楽CDレビュー | ジャンル: 音楽

The Truth / Ledisi * 2014 Verve | Home | A Better Tomorrow / Wu-Tang Clan * 2014 Warner Bros

コメント

No title

全編BPMを極端に下げた独特の世界観が堪らないですよねこれ。
一度このAlbum全曲セットの生ライブが観てみたいほど素晴らしい内容です。
詳細レビュー堪能いたしました★

2014/12/21 (Sun) 10:35 | taxy #- | URL | 編集

遂に!遂に!って感じです。僕はCD 待ちです。素晴らしいレビューでますます待ち遠しくてたまりません。ジョデシィも早くアルバム出して欲しいねえ。

2014/12/21 (Sun) 13:14 | 哀愁の春日野道 #lobaNY2I | URL | 編集
No title

★taxyさん
 ほんまにライヴで、全曲聴きたいですね。ビルボードあたりで。
そんときはクエスト・ラブも込みで見たいです。

2014/12/21 (Sun) 23:45 | ezee #- | URL | 編集
No title

★哀愁の春日野道さん
 ぜひCD待たずとも、聴いておくんなまし。さすが、さすが、の連発やわ。
でもジョデシィって、まず無いやろ〜

2014/12/21 (Sun) 23:48 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

昨年12月の半ば、突如iTunesでディアンジェロのニュー・アルバム『ブラック・メサイア』が発売された。 2000年に発売された名盤『Voodoo(ヴードゥー)』以来となるこの新作に世界中が歓喜。 そして購入後、実際に内容を耳にしその歓喜はさらに大きなものとなったはずだ。 何故なら、この最新作『ブラック・メサイア』は、名盤だった前作を超える超名盤であるからだ。

2015.01.11 (Sun) 22:17 | 名盤!
このページのトップへ