FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (88)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
12 ≪│2019/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.12
16
Category : 10's Male R&B
Theme : 本日のCD・レコード
Genre : 音楽
wpcr000016127_L.jpg



 今年、さらに買わなくなったCD。日本はAKBの握手券なんかで世界でトップクラスのCD消費国らしいですが、欧米各国ではすっかりストリーミングやダウンロードが音楽の入手方法の完全メジャー。中でもガッツリ音楽、聴いてますヨって人には絶対オススメなのが定額配信制。実は私もコレで買わなくなりました。最初、懐疑的でしたが、すっかりお世話になってます。ネット・インフラの整備で、ついにココまできたかって感。結構な満足感で、月980円ポッキリで殆どの聴きたいものが聴けます。ダウンロードじゃないので、場所も取らない。もちろんi-phoneとも連動で、レート上ですが高音質再生も可能、フィジカルでは無い廃盤カタログも豊富、と貶しようが無い状況。ここは早くから配信に力を入れてたプリンス御大です。
 今年聴いた数少ない新譜で良かったのがコレ。時は流れ、あんだけ揉めたワーナーからの久々リリースでしたが、古巣復帰に相応しいエクセレントな内容。ジャケ通り、サードアイも開眼したような好調維持です。最初から“EDMも源流は僕ですよ”って言わんばかりの派手なアップ「Art Official Cage」で幕開け。UKの女性シンガーLianne La Havasを招き入れたミディアム・ファンクな「Clouds」、殿下らしさ満開のバラード「The Breakdown」の流れなんか、初期からのファンもガッツポーズ間違いなしのグレイトな展開。曲のクオリティも文句無しです。「Gold Standard」なんかは2ndあたりをも彷彿させる確信犯的トラック。Mila J "Blinded" をまんまサンプリングした「U know」も新鮮。ほんま殿下、若い女性アーティスト好きなんやから、もう〜 そして中盤では、オーソドックスなソウルを演らせても超一流やというとこを改めて見せつけます。フレーズ聴いてるとエロさも漂うクール・ファンク「Breakfast Can Wait」、ファルセットもシビれるスウィート・ソウル「This Could B Us」なんか最高の一言。また「What It Feels Like」や後半の「Time」では、NPGの才女Andy Alloとデュエットしてて、これがまたプリンス・ワールドに絶妙な溶け込みです。終盤「FunknRoll」は同じくして出た3RDEYEGIRL版にも入った曲で、迫力あるハンド・クラップが強烈な殿下ソロ・ヴァージョン。そしてオーラスはLianne La Havasが語り参加の、断言を意味する「Affirmation」。ドラマティックに〆てくれます。
「オリコンの洋楽チャートでも、ビルボードR&Bでも1位獲得。あんた、まっだまだ売れるわ!」

Breakfast Can Wait



Comment

非公開コメント

No title

あけましておめでとうございます!
いつも楽しく拝見させて頂いております!
Prince新作、やっぱり格好良かったですね。
みつ目の開眼も嬉しい限りでした。
そうかぁ、EDMはPrinceも使い手だったのですねー、
やっぱり凄いなPrince。
デジタル音楽ならば、省スペース出来るし、
なにより僕は狭い賃貸なので、CDがかさばって仕方ない
のですが、それでもCDを漁ってしまう。
僕はまだまだ進歩の波に乗れそうもありません(笑)。

No title

★Queenさん
 おめでとうございます。
私がウダウダ仕事から逃げる場所に、つきあっていただきありがとうございます!
元々CDはデジタル音源なので割り切ったら、だいぶスッキリですよ〜 まさに3rd Eye 開眼です。本年もヨロシクです。