Vol.2 / Sonny Rollins * 1957 Blue Note

Hard Bop
vol2.jpg



 たまに4ビートの音楽を聴きたくなるのですが、スリルあるアドリブがジャズのたまらんところ。基本3和音に味付けしていくポップスに比べると、色んな音が入るから取っつきにくいとこもありますが、何でもありの自由さは魅力的でよりプレイヤーのセンスが問われるところ。曲がどうこうというよりも楽器演奏を楽しむのがメインなので、同じ曲でもプレイヤーによって全然曲の表情が変わるのがおもろいです。だいたいテーマとアドリブ、アンサンブルがカッコよく決まってくると名演となりますが、ソニー・ロリンズの躍動感溢れるテナー・サックスが随所でキマる本作は、内容・ジャケ共に文句無しのカッコよさ。
 このブルー・ノートでの2作目、メンツはアート・ブレイキー(ds)、ポール・チェンバース(b)、ホレス・シルヴァー(p)、J.J. ジョンソン(tb)という達人揃い踏みのオールスター戦みたいな豪華作。ハード・バップの真髄みたいな演奏がバシッと決まりまくりです。なんといってもシビれるのが、ロリンズのオリジナルとなる冒頭2曲。「Why Don't I」からロリンズのフレーズもクールにブロウしてきますが、アート・ブレイキーの煽るようにスウィングしてくるドラミングも絶妙。また続く「Wail March」はタイトル通り、テーマでマーチ風に固めてから、ハイスピード4ビート突入後は凄まじきJ.J.の火を吹くトロンボーン・ソロ炸裂。ココまで凄まじいトロンボーンでのハード・バップはなかなかお目にかかれず。感化されたようにロリンズのソロもスリル満開のソロで続きます。エンディングのテーマ回帰時のブレイキーも鳥肌モンです。中盤は部分参加のピアニスト、セロニアス・モンク(p)の書いた2曲。「Misterioso」ではブルース進行に豪快なフレージングのロリンズが冴えます。バックでもモンク自らお手本のようなテンション・コードをクールな間で打ちつけます。しかも後半はホレス・シルヴァーがピアノをタッチ交替するというテリー&ドリー・ファンクスのような荒技も。またムーディな「Reflections」もブレイキーのアヴァンギャルドさが垣間見えます。終盤はスタンダード曲「You Stepped Out of a Dream」、「Poor Butterfly」ですが、前者のようなアップのスウィングではブレイキーとロリンズが組んだ時の弾けるような化学反応がココでも炸裂です。
「各々の個性がガンガン出たエモーショナルなジャズの名響宴。秋のミッドナイトによろしおます。」
Wail March


テーマ: ジャズ/フュージョン | ジャンル: 音楽

Voodoo Lounge / The Rolling Stones * 1994 Virgin | Home | Journey to the Light / Brainstorm * 1978 Tabu

コメント

No title

ezeeさん、毎度です。
気温が穏やかになるとジャズ聴きたくなりますね。
ソニー・ロリンズは、しかめっ面で小難しいことをしないので好きです。どっか朗らかですよね。

2014/10/02 (Thu) 23:38 | goldenblue #- | URL | 編集
No title

★goldenblueさん
 まいど〜、おひさです。
3日ほど、ある人の影響もあってグラント・グリーンとソニー・ロリンズばっか聴いてました。秋にしっくりきますね。ええ感じです!
 

2014/10/04 (Sat) 00:20 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ