シングル・マン / RCサクセション * 1976 Polydor

Man's World
singleman.jpg

 80年代前半、日本ロックの金字塔“Rhapsody”でブレイクを果たしたRC。そのブレイク前に録音された作品として、中学生だった自分の前に登場したのが3人編成時代のラスト作だった、このシングル・マン。再発運動を経て改めて世に出されたアルバムで76年の発売当時は即行で廃盤となった不遇の作品。子供だった私など、キャッチーなトランジスタ・ラジオの後にコレを聴いたので、その極めてシュールな雰囲気に結構戸惑いました。何回も聴くうちに馴染みましたが、やはり今もライト感覚で接することができないヘヴィーなアルバムです。後に、事務所独立問題で干された厳しい環境下で録音された当時の背景などを知ってなおさらです。しかしながら後に語り継がれる決定的名曲も多く入った本作。清志郎ファンは避けて通るコトができないアルバムです。
 まず飛び込んでくるのが「ファンからの贈り物」。クレジットこそされてませんが、これは紛れもなくタワー・オブ・パワーwith清志郎の歴史的ファンキー・ナンバー。アレンジャー星勝の趣味で、メンバーの嗜好ではなかったそうですが、RC番外編として今もお気に入り。傑作"Oakland Stroke”のRC版といえる異色曲。リズム・アレンジからTOP仕様で、清志郎の黒っぽさもフィットした名曲。今もTOPのホームページのディスコ・グラフィーに、エルトン・ジョンやリトル・フィート等に交じって、数多い彼等のセッション履歴にしっかりクレジットされてます。当時のギタリスト破廉ケンチ氏が中心の元々のアコースティック・アレンジも別で聴きましたが、コレもカッコいいです。清志郎、逝去時の弔問客に向け流されたって逸話も最高。そして意表を突く林小和生氏のVo曲「大きな春子ちゃん」、「ぼくはぼくの為に」はハード・フォーク時代に通じる曲。星勝氏のアレンジが斬新な「やさしさ」や、チャボともよく演ってた「夜の散歩をしないかね」もココにあります。圧巻なのはアナログB面だった後半で、ちょっと軽い気持ちでは聴けない、RCが最もへヴィーな日々だった時期を反映した曲が登場。突然亡くなったマネージャーに捧げた「ヒッピーに捧ぐ」、ザ・バンドも感じさせる「うわの空」と美しくヘヴィーな名曲が連なります。最後はハイライトともいえるスロウが2曲。“嘘ばっかり”と痛々しい叫びが痛烈な「甲州街道はもう秋なのさ」から、元来のソウル指向を体現し、バンド時代も演り続けた「スロー・バラード」の流れは黙って聴くしかない本作を象徴する名場面。
「やはり重苦しい雰囲気は変わらずですが、清志郎の途轍も無い才能を感じる傑作。じっくり聴くべし」
ファンからの贈り物


1976.12.01 Slow Ballad


テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

BEST All Singles & Cover Hits / BENI * 2014 EMI | Home | Pieces / Bobby Womack * 1978 Columbia

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ