Pelican West / Haircut 100 * 1982 Arista

New Wave + Punk
13689.jpg

私が10代前半にファンカラティーノとか、よう分からんカテゴライズで一世を風靡したUK発グループ。当時はイギリス勢でおもろいのがウジャウジャ出てきた頃でABCやらDuran DuranやらWham!やらでファッショナブルでスマートなグループがワンサカいました。洋楽かぶれを気取ってた私はインパクト満点の「好き好きシャーツ」のヘアカット100が一際気になる存在でした。それは「Love Plus One」に尽きます。ギターの刻みから胸キュンのマリンバ、絶妙のフレーズを奏でるサックスとイントロからしてもう最高です。そしてニック・ヘイワードのPopながらも哀愁も感じるメロディと言う事無しの無敵Pop Songです。モノクロのPVもルックスの良さもあってGreatでした。
 で、なんで今更コレかって言うと今でも聴いたら数曲は最高やったんですわ。というのは昔LPには入って無かったコレまた素晴らしい「Nobody's Fool」(Beatlesさえ感じさせる)が入った新装盤があったので聴いてみたワケです。中身はやはりカッティングがせわしないラテンテイストが新鮮だった最初のヒット「Favourite Shirts」や「Calling Captain Autumn」、「Fantastic Day」等ラテン・ファンク・ポップがエエ塩梅でブレンドされて充分今でも通用しまっせって感じです。やっぱニック・ヘイワードのソングライティング能力には目を見張るものがあります。
「鶴瓶が焼肉食いながら言った言葉やないけど、うまいもんはうまいっ」

Love Plus One


テーマ: 洋楽CDレビュー | ジャンル: 音楽

Complete / The Checkers * 2004 Pony Canyon | Home | Greatest Hits / The Style Council * 2000 Polygram

コメント

こんにちわ。2度目のTBありがとうございます。
懐かしいですね~、ファンカラティーノとか、ファンカデリックとも言いませんでした?当時「Favourite Shirts」がディスコ(その当時はクラブじゃなかったんですよ)でかかると大喜びしました。あっという間にニック・ヘイワードが脱退しちゃって残念でした。もうちょっとこのバンドがどうなるのか、見ていたかったですね。

2006/02/19 (Sun) 15:48 | OZAKU #rzbm9u.Y | URL | 編集

OZAKU様
ファンカラティーノか、カラムーチョか確かに「それはいったい何なんや??」と当時思わせた事は間違いありません。でも中学当時そのワケわからん語感に吸い寄せられたのも事実です!ニックでもう1枚聴きたかったすね。 またよろしゅう!

2006/02/20 (Mon) 01:27 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Haircut 100 「Pelican West (Plus)」 (1982年) Favourite Shirts (Boy Meets Girl) → 好き好きシャーツ Lemon Firebrigade → レモン消防隊 Marine Boy → 海洋少年どうです? 今にして思えば、なんか気恥ずかしい邦題ですよね・・・。    聴くちなみに

2006.02.19 (Sun) 08:21 | MUSIC8089
このページのトップへ