Goddess in the Doorway / Mick Jagger * 2001 Virgin

Rolling Stones
img_0.jpg

ツアー中にパートナーの他界による憔悴で音楽活動を一旦ストップしたミック・ジャガー。ストーンズの今月から始まるヨーロッパ・ツアーにはなんとか立ち直って元気な姿を見せて欲しいもんです。近ければ近い人ほど、人が亡くなった時の寂しさは大きいので、いくら超人ミックといえども心配です。そんなコトを考えてるうちに思い出したのが名曲「Brand New Set Of Rules」。10数年前に出たミックの目下最新のソロ・アルバムでラストに収められてたスロウ・ナンバーです。「新しいルールを用意した。俺は変わるぞ、見ていてくれ」と言い放ったミック。環境は変わってしまったけど、いくつも荒波を乗り越えたストーンズです。おそらく世界中のミック・ファンが心底応援していることでしょう。
 その名スロウが収められた4作目ソロ。"ひとりで、できるもんっ"と成功したビッグなバンドの一員は誰しも考えるのでしょうが、集合体での個々の化学変化の旨味を知ってしまってるファンからしたら、どうしても比較してしまい不利な状況なのは仕方ないコト。にしても、良い作品が多いのがミックの凄いトコで、どのアルバムにも絶対名曲が入ってます。本作はストーンズのツアーでもチョコチョコ顔を出すキーボード奏者、マット・クリフォードとのコラボみたいなアルバム。スロウが聴きどころで美しいサビもたまらん「Don't Call Me Up」に、ジョー・ペリーがギターを弾く「Too Far Gone」あたり、ミックのソングライターとしてのアーシーな魅力も炸裂です。ハネたゆるいグルーヴが心地良い、クリフォード氏との共作「Dancing in the Starlight」なんか無茶苦茶エエ曲で正しく本作のハイライト。本作一等賞です。そしてエエと思ったらすぐに手を出すのがミックの魅力。当時の新進、フージーズのワイクリフがプロデュース&ギター参加で狂喜した「Hide Away」も曲はソコソコながら好感触。また、U2のボノと歌った「Joy」や、「Gun」では60年代からの盟友ピート・タウンゼントも参加です。冒頭に収められたメロディアスなシングル曲「Visions Of Paradise」や、レニー・クラヴィッツとのハードな「God Gave Me Everything」、CM曲でよく流れてた「Everybody Getting High」など、色んなスタイルでイッチョかみのミックらしさが出てます。日本盤ボートラの「If Things Could Be Different」もミックの曲作りの上手さを感じさせる佳曲。
「さぁミック。元気な姿を見せてくれ! みんながあなたを待っています。」
Brand New Set Of Rules


Dancing in the Starlight



テーマ: 洋楽ロック | ジャンル: 音楽

Ten Years Ago / 矢沢永吉 * 1985 Warner | Home | Emotionally Yours / The O'jays * 1991 EMI

コメント

No title

ミックのソロの中では地味な存在かもしれませんが、良いアルバムですよね〜。「Hide Away」好きです。
早く元気な姿を見せて欲しいっすねぇ。
ミックのことを心配するなんて、思ってもみなかったなぁ。

2014/05/16 (Fri) 00:37 | Okada #IyXRixCA | URL | 編集

ストーンズが巨大すぎるもんね〜
世の中の期待が、あの音を求めるので結構なアゲインストですが、このクオリティは流石。
また元気な姿、見せてほしいっすな❗️

2014/05/17 (Sat) 14:38 | ezee #- | URL | 編集
No title

ezeeさん、こんにちは。
僕はこのアルバム、出てすぐに買ったのですが、あまりに期待はずれですぐに売ってしまいました。。。
今聴くとなかなかいいですね。大人のミックって感じ。
中古探そうかな(笑)。

2014/05/17 (Sat) 20:03 | goldenblue #- | URL | 編集
No title

★goldenblueさん
 私も人に借りたクチですが、当時の印象より後からのほうが良くなったアルバム。じっくり聴くとスロウ〜ミディアムがええのん多いんですよね。是非、再評価を!

2014/05/18 (Sun) 00:51 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ