FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (89)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2006.02
18
Category : New Wave + Punk
Theme : 洋楽CDレビュー
Genre : 音楽
815.jpg

ポール・ウェラーという人はいつも眉間にシワがよっていて生真面目で難しい奴なんやろなぁという印象がありますが、ひたむきな音楽への情熱に胸が熱くなる曲が多く存在するのも事実。Jamの時から硬派でカッコええイメージでしたが私が存在を知り始めた80年代前半、既にBeat Surrenderでしてパンクなポールよりお洒落なポールでした。そんなポールがJamの後、オルガン・プレイヤーのミック・タルボットと組んだスタカンですがアルバムも2枚程、家にありまして決して聴きこむ程では無いにせよジャケが素晴らしいので手元に置いてチョコチョコに流してました。
 こちらは沢山あるベスト盤ですが、リマスター音源といいジャケの良さといいコレを推します。ソウル・ジャズ・ボサノヴァ・ポップやらのエッセンスを飲み込んだサウンドは実に心地良いのですが、やはり初期のノーザンソウルやファンク色の濃い部分が今でも一番好きです。中でも最も愛聴するのは「Speak Like A Child」でソウルフルな質感がたまりません。Isleysの演るSlowを彷彿させる「Long Hot Summer」、未だにTVのBGMで流れるFree Soul的名曲「My Ever Changing Mood」、Slow Jamの大傑作「You're The Best Thing」、Modsな感じで疾走する「Wall Come Tumbling Down」等前半にええ曲が固まります。後期になるにつれお洒落でよく出来た曲もあるのですがインパクトに欠ける事は否めません。ハウスに手をだしつつあったのも気にくわんとこです。でも「How She Threw It All Away」のようなシンプルでPopな名曲もあるので見逃せません。何にせよスタイリッシュで、多くの亜流を産み出す程に影響力があったのは間違いありません。
「シブヤ系ってスタカン系の事やと思てました」

Speak Like A Child


Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

THE STYLE COUNCIL / INTRODUCING THE STYLE COUNCIL

購入日  2006年2月12日購入場所 ディスクユニオン渕野辺店価  格 ¥1,680(定価¥2,141)備  考 1983年発表のデビュー・ミニ・アルバム 紙ジャケ来月末に来日するポール・ウェラー、その来日記念ってわけじゃあないけれど、久しぶりに渕野辺ユニオンを巡回パトロー

Comment

非公開コメント

ご無沙汰です!

Style Council!
初期&Live!
未だに愛聴しています。
ソウルやらなんやら、ごった煮的でいながら、すっきりマトマッテイル感じが好きで・・・・!
では、また来ます!

おはようございます!

おはようございます!TB&コメントありがとうございます。
初期のライブDVDとかライブ・アンソロジーのリリースしてほしいですね。
仰る通り、スタカンの影響で亜流バンドが雨後竹の子のように現れましたね。
やっぱり先駆者のポール・ウェラーは凄いです。

★リュウさん
 まいどです。
 初期はグイグイくるベースもいいですね~。車で聴くと最高です。
★大介さん
 おおきにです。
 ライブ!?・・聴いたことないです。
 いいんでしょうね~
 いっぺんCDででもTryします!

http://blog.goo.ne.jp/akiko-j

おはようございます。
実はスタカンのライヴ見ました。3回くらい。ポール・ウェラーすごく好きなんですよ。
かっこいいんだけど、ライヴではヒートアップしてくると、つば飛ばしまくって歌うと言うより、がなってたなあ。その辺のギャップが又良かったんであります。(^^♪

ozakさま まいどです。
ライブ見はりましたか!3回も!
がなるっていうのはイイですね。熱いパフォーマーが私も好きです。スタカン初期のアプローチで迫るポール・ウェラーが又見たいもんです。
また ヨロシクっす