FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (88)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
12 ≪│2019/01│≫ 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2005.06
20
Category : Rolling Stones
Theme : 洋楽ロック
Genre : 音楽
the_rolling_stones_still_life.jpg

私の中でストーンズが決定的な存在になったのは、このツアー('81USA)かもしれないです。映画「Let's Spend The Night Together」ヨロシク、太陽の下での大観衆スタジアムライブっていう雰囲気がやたら良い。(当時の貴重な情報源雑誌MUSIC LIFEの掲載フォトも、そんなイメージだった。)スキャンダラスなイメージとソリッドで健康的なイメージがゴチャゴチャになった、訳の分からんカッコ良さ!アメフト的スポーティーなファッションで大ハリキリのMickといい、好対照のロケンロールなKeith(映画中のTumbling Diceは必見!)、ちゃらけまくりのRon、イントロが始まっても煙草に火をつけてるBill、終始マイペースでクールなCharie等・・最高です。今のブ厚いライブ編成と違い、サックス一本と鍵盤2人のみ(勿論Wイアン)のサポートっていうのも良い。
 では「Still Life」っていうより、このツアーのレビューです。まず「A列車で行こう」の後始まる、このツアーでの定番トップメニュー「Under My Thumb」(元々は'60年代発表曲でベースライン・コード進行もMotownを意識したFour Tops調)が'80年代版にリニューアルされヤタラとカッコイイ。エエカゲンに始まって、ぐしゃぐしゃで終わる・・あぁ素晴らしい。その後も同じ調子で定番ヒット連発に加え、ツアー前に発表されたアルバム「Tattoo You」からの新曲。久々の演奏となった60年代の名曲の数々。どれもソリッドで良いです。極めつけはスローになった感動ソウル「Time Is On My Side」。大概の曲をギターでコピーするほど聞きました。(実は当時のFMできったない音でほぼ全編の放送があったんです。) またお楽しみのロックンロール・クラシック・カヴァーも、エディ・コクランの必殺ロカビリー「Twenty Flight Rock」に、スモーキー・ロビンソン&ミラクルズのモータウン・ヒット「Going To A Go-Go」とセンス抜群の選曲。というわけで本アルバムはそのハイライトです。必ず映画とセットで聞いて下さい!
「アナログ時代、最後のR&Rドリームが凝縮」

Under My Thumb




Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

The Rolling Stones "Still Life (American Concert)"

13才の夏にビートルズを聴いて音楽に目覚めた僕だが,実はローリングストーンズも聴いたりする.僕よりも前の世代 -ビートルズをリアルタイムで体験した世代- では,ビートルズのファンはローリングストーンズを聴かず,ローリングストーンズのファンはビートルズを聴かない

Still Life

Still LifeThe Rolling Stonesこのアルバムについては書き出すときりがないので、箇条書きにします。◇Still Lifeは、「まだ生きている」とでも訳すのかと思ってしまいそうですが、「静物画」と言う意味だそうです。◇時代背景。1980年にジョンレノンが殺害され、M...

The Rolling Stones の キース・リチャーズって、どんな人?

はじめまして。.   Notification. Keith Richards's? solo work feature      ~ キース・リチャーズ ソロワーク 特集.   Chapter 001 : You Don't Move Me ~ 動くんじゃねぇ..2006年春の来日が期待される 現在ツアー中のThe Rolling Stones 。

Big News ! ストーンズの日本公演が決まったぜ!

      12月5日には新聞紙上で公開されてた模様なので既に知ってる人もいるかも知れないけど、   http://app.blog.livedoor.jp/appaulle/tb.cgi/50237237 この人は すばやい。   今のところ以下の予定になってる。・・・予定な、予定。   前回

TheRollingStones リオのロック・カーニヴァル !? 2006'Feb18th

                         http://ameblo.jp/badlife/entry-10007158450.html  December 18, 2005  この記事 は後日 改めて書き直すことにするけど(・・・なんか、この情報をGETしたら、そんなのどうでもよくなってきた

Comment

非公開コメント

おはようございます。TB、コメントありがとうございました。

このライブアルバムは好きですね。レコード時代のリリースということもあって曲数が少ないという点は不満ではあったんですが、このツアーを楽しむポイントはしっかり押さえられてるんですよね。「ハイライト」という表現、ピッタリですね。
 「夜をぶっとばせ!」でのキースの怒鳴るようなコーラス、最高です。

コメントどうもありがとうございます☆

エモレス最高です☆STILL LIFEのオープニングのアンダーマイサムも(・∀・)イイ!! 夜をぶっ飛ばせのこのギターバージョン…もうLIVEで演奏してくれないのかなぁ(^^)また、ちょくちょく遊びにこさせていただきます~☆

’80のストーンズ

やはり絵的にもコノ頃のストーンズはいかしてました。「夜をぶっとばせ」はまた今回のツアーでやって欲しいっすね!

tbとコメントありがとうございました。

このコンサートの映画、ちょうどフラれてどん底のときに授業をサボって見に行った記憶があります。アンダーマイサムが沁みました。

新しいアルバムA Bigger Bangも今、聞いています。なかなかよさそうです。60過ぎのオジサンたちがやっていると思うと気持ち悪くも心地いいです。

ジュリーもショウケンもよく聴きました。マービンゲイもよろしいですね。

おっさんの魂

どうも おおきにっす
A Bigger Bang 評判いいっすね~
はよ買わな。しかし「60のおっさんがやってると思うと・・」とは笑いました!
確かにそうですね。普通へろへろか、エライ人かなのに「ロックンロール!」ですからね。でもR&R高齢化問題もクリアってかんじですね~

TBありがとうございます。この頃から急にアクションが派手になったキース、カッコイイですね。この81年のツアーで(映画とは違う会場ですが)、ステージに上がってきた客をテレキャスでどついてました。素晴らしい!ロックですね~。