FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (88)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
10 ≪│2018/11│≫ 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.02
09
Category : 60's Soul
Theme : Soul, R&B, Funk
Genre : 音楽
betty therell



 しつこくシカゴ・ソウルと、オリンピックな日々。関東も会社からスノボで帰れそうな程の大雪で、商売あがったれながらなんとなくワクワク感も。ウチの会社の役員も仕事でソチ入りと羨ましい限り。(←趣味でたまに雑誌にも登場のソウルなオヤジ) そんななか聴くのは、1時を指す時計に早く寝なきゃダメよと微笑むベティ・エヴェレット嬢。といっても元々はミシシッピーの出身ながら、活躍の場は正にシカゴ。“ブルースなんて本当は歌いたくなかった”というベティ嬢ですが、ウィリー・ディクソンやらマジック・サムとの縁でブルース・シンガーとしてデビュー。シカゴを拠点に、60年代前半にR&Bシンガーに転向しジェリー・バトラーとデュエットしたりしてちょこちょこヒットを出します。
 そんなベティのバリバリのシカゴ・ソウル作といえばコレ。本作収録で、シャイ・ライツのユージン・レコードが作者のヒット曲「There'll Come A Time」がなんともシカゴらしい音でエエ曲です。この曲の作者で名を連ねたフロイド・スミスはシカゴの名ジャズ・ギタリストで、後にロリータ・ハロウェイも手掛けた人。結構な貢献で、冒頭の「You're Falling Love」や「Maybe」、「The Same Old Me」とイイ曲を提供してます。他にもコノ時代らしい高揚感溢れるグッド・ソウル満載で、小ヒットのスロウ「I Can't Say No To You」、ダイナミックなシカゴ・サウンドでグイグイ迫る「Take Me」、「Is There A Chance For Me」と、張りのあるチャーミングな歌声で魅了してくれます。一方「Sugar」なんかで見せるしなやかなポップさも絶品。カーティス・メイフィールド作の「Hold On」なんかではブルージーにも迫ります。ボートラ収録シングル曲は、まず駆け出しのギャンブル&ハフの作品で小ヒットした「It's Been A Long Time」。シカゴの重鎮ダニー・ハサウェイがアレンジした初期仕事で、はやくも70年代の香りがする曲です。ダンサブルな「Unlucky Girl」もモータウンのシカゴ版って感じで実にええ感じ。
「ポップで聴きやすいソウルながら、ディープさを兼ね備えたシカゴ・ソウル。ええねぇ〜」

There'll Come A Time


Take Me


Comment

非公開コメント