FC2ブログ

音系戯言

ARTICLE PAGE

Bedroom Classics Vol. 1 / Teddy Pendergrass * 2004 Rhino

bed.jpg

伊達男テディペンのしっとりまったり系をコレでもか!というくらい集めた好編集アルバム。80年代前半に不慮の事故で車椅子での活動となったものの、男前なスタイルは健在でコンスタントにアルバムを出し続けてた尊敬すべきオッサンです。(車椅子で登場したLive Aidでの拍手喝采の中、熱唱する様は何度見ても泣けます)Blue Notes時代が最も名曲を量産してたことに異論は無いですが、ブラコン期以降もなかなか聴かせてくれます。そんな80年代以降を中心にリマスターセレクトされており今迄この辺をまとめて聴かすブツは無かったので重宝します。余談ですが自分が就職活動してたときに訪問先のOBに音楽の話題で盛り上がり、当時出たTruly Blessedを「なんでもエエから買え」と無理強いされたことが頭をよぎります。
 事故の影響か70年代の録音と違って豪快な力技はなりを潜めますが、優しさが増したような歌いかたはそれはそれで好感が持てます。ミッドナイトスターのキャロウェイ兄弟が絡んだ「Joy」や「Love Is The Power」のシンセベースが入ったサウンドも今聴くと逆に新鮮ささえ感じます。若き日のWhitney Houstonの熱唱も光る名デュエット「Hold Me」やG.Levertが手掛けたグレイトスロウ「Voodoo」、Luther Vandrossの好サポートも光る「You're My Choice Tonight」等渋くも格好いい曲がビシッと揃います。94年にLeon Huffと組んだ感動の「I'm Always Thinking About You」や70年代の名作「Close The Door」(Single Version)等も収録。
「見過ごしがちの時代にしっかりスポットを当てた編集に感謝!」

Comments 0

Leave a reply