FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (89)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.01
05
Category : Beat + R&R
Theme : 本日のCD・レコード
Genre : 音楽
6633.jpg



 さぁ2014年、景気よく行きまっせ!と思ったら鼻がでっかい“のぞみ君”にこっちの出鼻がくじかれました。何やねんっ、有楽町の火事! 遅れに遅れた新幹線、東京に着いたのは真夜中。イチビったろうと思ってたのに、クタクタで初出社です。睡眠不足のハイテンションで挑むも、正月から働いてる奴らに追いつけず昼からぐだぐだモード。でも景気づけにハローッ、Boys & Girls!!といきます。そんなことで我々が中学生の時に教科書よりも接してたアルバム。コレと、Mods“News Beat”、Roosters“a Go-Go”はいつも遊んでる友達の間では必須でした。誰か一人しかレコードは持ってないのに、カセットテープは廻り回って皆が持ってたというバイブル。思春期を迎え、チャラチャラしてられんぞってなった時、全国の少年、少女達に見事にクリティカル・ヒットした傑作です。ノーランズもライオネル・リッチーも好きやったけど、やっぱこの辺の音は詰め襟にも気合いが入ったもんです。
 しかし今聴いても、相当シャープでカッコいい本作。前作“Bad News”と、次の“指を鳴らせ”あたりは神がかったクオリティの高さです。田中一郎のお手本ともいえるセンス良いR&Rギターにコーラス、サンジの歪んだ存在感抜群のベース・ライン、バンドの象徴的存在のドラムスKEITHの上に、硬派で言葉選びも抜群のVo石橋凌が乗っかればもう無敵。今でもI-tunes☆付けまくりです。もうイントロでハート鷲掴みのタイトル曲「BOYS & GIRLS」から、父親に捧げた「ダディーズ・シューズ」でもう勝負が決まる完璧さ。あんまり好きで自分もバンドで演った「Believe In R&R」、シニカルなレゲエ・ビートの「Naked Body」も激クールです。そしてスリル&スピード感でぶっ飛ばす後半も見事。「赤いラブレター」から間髪入れずキースのスネアと一郎のリフがビシバシ決まる「エデンで1・2」、一発狙った野郎の「Mr.ダイナマイト」、トム・ウェイツをモチーフにした「ウイスキーマン」、嘆きつつも軽快に鼓舞する「悲しき3号線」と何べん聴いても鳥肌モンの展開。最後は事故死した少女を歌った唯一のスロウ「Just A 16」で〆です。この圧倒的な存在感。今、コノ感覚を持ったバンドはどこ探してもいません。全曲、見事なバンド・アンサンブルと硬派な世界観にシビれます。
「ARB、聴いてると分かったら語らずとも意気投合した少年時代。本年も腑抜けにならんようにいきます!」

Boys&Girls


Daddy's Shoes


赤いラブレター



Comment

非公開コメント

No title

あけましておめでとうございます

新年早々、大変でしたね。
お疲れ様でした。

何故かあまり聴かなかった
ARBですが、40代ぐらいになってその良さが分かったバンドです。
BookOffでちょっと漁ってみましょうかねぇ

今年もよろしくお願いいたします

No title

Wow!狂いたくても狂えないヤツ!
 しっかし見事なレビューやな~。音像が次々に頭に浮かんだぜ。最高です。

No title

ezeeさん のぞみ君大変でしたね。

メチャイケな音楽を どんな手口で紹介してくれるのか今年もワクワクしてます♪
本年も よろしくお願いします♪

ezeeさん、正月早々大変な目に合いましたね。お疲れさまでした。
まさか東京の火事で京都まで影響があろうとは。

それにしてもBoys&Girls、これはほんまかっこええです。
僕も友人から回ってきたカセットテープで聴いたのが最初でした。

No title

★guitamacさん
 おめでとうございます。
もし自分が40代に初めてARBを初めて聴いたら、スルーやったかもしれません。懐広いっすね〜
本年もヨロシクです!

No title

★新神戸山脈さん
 やっぱコレやな。色褪せない熱き音。
俺も曲順までバッチリ頭に焼き付いてるで〜

No title

★ひるのまりさん
 いやぁ午後には動いてると聞いてたので、たかをくくってましたが甘かったです。まさかの京都駅一人飲みですわ。
今年もウダウダと更新しますのでヨロシクです!

No title

★goldenblueさん
新幹線でこれだけ遅れるって、、、
深夜バスのほうが気の効いた時間に着くのでまだマシでした。
ARBは80年代ロックの奇跡ですね。これからも聴き続けます!

新年早々、気合の入った記事ですね〜。
緩んでた頭がシャキッとしましたよ。
そう言えば最近「いちびる」って使ってなかったなぁ。
ぼくも今年はいちびりたい(笑)。

前回記事の名無しコメントはぼくでした。

No title

★okadaさん
 いちびるって響きもファンキーな、ええ関西弁です。東京でも多用しまくってます。どんどんいちびって幸を呼び込んでくださ〜い!