Love More Than Pride / Laura Lee * 1971 Chess

Southern & Deep
CHSSBC1130912048.jpg



 やってきました、全国5千万のソウル・ファンの皆様。極上のクリスマス・プレゼントとなったローラ・リーのチェス録音の20年振りの日本盤再発です。しかも1000円で! シカゴの名門チェスがアトランティック、モータウンに続いて格安でのリイシューとなりましたが、その中で燦然と光り輝くのが何といってもローラ・リーの南部録音の激ソウル集。今回ブルース主体でデルズの名盤も無視され、少々肩すかしでしたが第2回に期待です。ソロ・シンガーとして売れた70年代に便乗で出された、この60年代のソロ初期を集めたアルバム。多くを占めるマッスル・ショールズ、フェイムで録音された珠玉のサザン・ソウルはまさに奇跡の連発。キャンディ・ステイトングラディス・ナイトで感動できるソウル・ファンは、黙って1000円出すしかない殿堂入り作品集です。
しかし聴くたびに震えさせてくれる真の名盤。フェイム録音の凄さを1発で伝えてくれます。その代表が「Dirty Old Man」。近年ではJoss Stoneもカヴァーしてたけど、やはりローラの絶唱には適いません。後半のシャウトの連続は何度、聴いても鳥肌モン。ボートラでシカゴ録音版も入ってて、コチラも必聴です。輝かしいフェイムとのコラボはカーティス・メイフィールドの「I Need To Belong To Someone」を筆頭に、ダン・ペンの傑作でこちらも素晴らしすぎる「Uptight Good Man」、「It's All Wrong, But It's Alright」、「Hang It Up」、「A Man With Some Backbone」と何れも非の打ち所全くナッシング。迫力ではキャンディ・ステイトン版の上をいく「Another Man's Woman」といい完璧なサザン・ソウルを披露。ただ「That's How It Is」だけはオーティス・クレイに軍配。シカゴ録音も必殺「Love More Than Pride」があり文句なし。リズムもんではグイグイ食い込む「Mama's Got A Good Thing」に、ジェイムス・ゴヴァンでも有名な「Wanted: Lover, No Experience Necessary」、「It Ain't What You Do」、「As Long As I Got You」、インプレッションズの「She Don't Love You」a.k.a「She Will Break Your Heart」(タイトル変えて同じ曲を2度収録は痛恨のエラー)とこちらも聴き応え抜群。そして愛するが故に文句。数曲で疑似ステレオっぽく瞬間的に音が振れるのは荒い仕事で感心しません。1000円とはいえ、ジミー・ラフィン事件といい、酷いぞっユニバーサルって感じです。やはりP-Vineでの神仕事だった究極の2枚組を完全復活して欲しいところです。
「凄腕シンガーとフェイム・スタジオの融合が生むマジックの歴史的証拠。やっぱ凄い!」

Another Man's Woman


I Need To Belong To Someone



テーマ: ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク | ジャンル: 音楽

So Intense / Lisa Fischer * 1991 Elektra | Home | Someday at Christmas / Stevie Wonder * 1967 Motown

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ