It's Only Rock'n Roll / The Rolling Stones * 1974 Atlantic

Rolling Stones
2NRCover.jpg



 ついに70才の人等がバリバリにロックする時代に。こうなると、とことんセクシーなじじいのパイオニアとなって欲しいです。そしてストーンズもポールに続いて来日が決定! いつまで来てくれるか分からんのでコレは何としても見ておきたいトコロです。50周年の流れでミック・テイラーまで同行ってのが70'sストーンズ・ファンには嬉しいことでしょう。自分がファンになった時には、もういなかったのであんまり思い入れはないですけど。。ビル・ワイマンがヘロヘロでも来てくれたら、もっと嬉しかったかも。まぁ何にせよ、また盛り上がりますね〜 ここは70年代前半を支えた2代目金髪美形ギタリスト、ミック・テイラー(←脱退後はファットなおっさん)に敬意を表して本作です。Beggars Banquetから引っ張ってたジミー・ミラーもディスコ、ニューウェーヴ時代突入前にココでおさらばです。この人のプロデュースもアーシーで良いのですが、いかにも泥臭すぎるアプローチのマンネリ打破には正解でした。
 実はあんまり聴き込んでない本作。若干、不調を感じる時期ながら流石の中身です。月並みながらタイトル曲「It's Only Rock 'n Roll (But I Like It)」は正にストーンズ・クラシック。既に交流を始めていたウッディとのセッションから生まれた曲で、特級ではないにせよタイトルからしてバンドを体現していて最高です。そしてコノ時期特有のモコモコ・サウンド炸裂の「Dance Little Sister」もカッコいいストーンズR&R。ミック・テイラーもクラプトン的に絡みますが、最大の置き土産となったのは「Time Waits for No One」。哀愁漂う美メロにサンタナばりのギターも泣かせます。大きくテイラー貢献と思われるこの曲もしっかりクレジットはJagger/Richards。恐るべき政治力。冒頭の「If You Can't Rock Me」もストーンズらしいグルーヴでノレるし、ヘボかったテンプス・カヴァー“My Girl"のリベンジか「Ain't Too Proud To Beg」もしっかりストーンズ流儀で堂々たる出来。「Till The Next Goodbye」のような美しくも、ある意味若年寄っぽいスロウも演ってますが、この数年後"Respectable"みたいなのをブチかますのでOKです。ミックのソウル趣味あふれる「If You Really Want To Be My Friend」はフィリーのBlue Magicも参加。最後は名作"Black & Blue"に繋がるファンク「Fingerprint File」。ミック・テイラーがクールなベースかましてます。
「さぁ来い、ストーンズ。 キース!ドームでもずっこけリフを響き渡らせてくれ!」
It's Only Rock 'N' Roll (But I Like It)


Ain't Too Proud To Beg


Till The Next Goodbye


テーマ: 洋楽ロック | ジャンル: 音楽

No Way Back / The Dells * 1976 Mercury | Home | Love And War / Tamar Braxton * 2013 Epic

コメント

No title

大好物、いや大好きなアルバムです。

70才の現役ロッカー、
高齢化社会を象徴していますね。

ポールが去って、ストーンズが再来日!!

すかすかなサウンドから醸し出されるグルーブ感を
生で聴いてみたいなぁ

2013/12/07 (Sat) 05:27 | guitamac #- | URL | 編集
No title

なんかいつもストーンズとポールってセットで来日する気がします。この時期の衣装は日本のRC等に与えた影響は大きいですね。子供の自分はMusicLife誌で写真を見て,なんだか近づきがたく感じたものでした。滅多に聴かないけど思い出したように聴くと好きな曲も多いと感じます。Black&Blue, 山羊の頭,等も同様です。

2013/12/07 (Sat) 14:13 | kuro #- | URL | 編集
No title

やっぱり東京しか来んわな~。
さすがに最後かも知れんから行きたいけどチョットなあ。。。 またグッキーバルボアさん泊めてくれるやろか。

このアルバムは結構好き。

2013/12/08 (Sun) 11:27 | 新神戸山脈 #pGdjjsNE | URL | 編集
No title

★guitamacさん
 ほんと、ココまで存在してくれるとは。この現役感は驚異です〜 この辺のアルバムも、もうちょっと聴き込んでみます!

2013/12/08 (Sun) 23:15 | ezee #- | URL | 編集
No title

★Kuroさん
 そうなんですよね。たまに聴いても、オッと思わせる磁力を持ってるのがストーンズ。最初の頃のRCバンド時代は確かにビジュアルの影響感じますね〜

2013/12/08 (Sun) 23:19 | ezee #- | URL | 編集
No title

★新神戸山脈さん
 ホンマに最後かもな〜 出張やとかなんとか言うて、コレは見とかなあかんで。 是非ご計画を! 

2013/12/08 (Sun) 23:23 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ