音系戯言

ARTICLE PAGE

Sweet Surrender / Ollie Nightingale * Pride 1973

618.jpg

すっごいエエ顔して写ってはります。見た感じいい人に違いないオリーさんの各方面絶賛の'73年のアルバムですが暫くメジャー流通してなかったのが信じられない秀逸な内容です。メンフィス育ちで幼き頃からゴスペルチームの一員として活躍後「儲からんわい」とナイティンゲイルズを率いて'68年名門スタックス入り。スタックス離脱後にソロとして'73年にぶちかましたのがどうやらコレらしいです。ミュージシャンによる演奏主体の当時は、アレンジがしっかりできるプロデューサーがちゃんといて、当アルバムもメンフィス・ソウルの重鎮Gene“Bowlegs”Millerがしっかり組み立てていて手堅いつくりです。しかもハワード・グライムズらのHiレコード全盛時のメンバーも参加で素晴らしい音の塊を構築しています。
 全体の雰囲気はソウル・チルドレンやO.V.Wrightのアルバムと同質の匂いが漂うエエ感じ。ブルース臭い曲もありますが、語りからたまらんキャンディ・ステイトンも歌った「Here I Am Again」、途中から入るストリングス&女声コーラスと共にオリーのVoもグッと盛り上がる「I Gave Her Everything But What She Needed」と、最初のスロウ2曲でインフルエンザ感染と間違うくらいの背筋ブルブル感が味わえます。リズム・ナンバーもサザンらしく決めた「It's A Sad Thing」あたり、ホーンと共に盛り上がります。後半も珠玉のバラード「May The Best Man Win」に、なんとWilson Pickettの大傑作「I'm In Love」、表題曲のグレイト・ミディアム「Sweet Surrender」と聴きながらしてた仕事の手も止まって聴き惚れてしまう充実ぶりです。
「Missや25ans限定ジュエリーと一緒で、無くならん内に早く入手しましょう」
Sweet Surrender


Comments 2

moccho

はじままして。

はじめまして。mocchoと申します。
トラックバックありがとうございました。

このアルバム、イイですよね。
確かにジャケットもいいですね。

私の大好きなアーティスト目白押しな
色んな意味で濃いブログに巡り合えて嬉しいです。
またよろしくお願いいたします。

2006-02-01 (Wed) 02:02 | EDIT | REPLY |   

ezee

moccho様

どうも ありがとうございます。
ジャケ良し! 中身良し!
ってのがあったら又教えてください。
またヨロシクです!

2006-02-02 (Thu) 01:45 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply