Free Soul. the classic of Paul Weller * 2007 Universal

New Wave + Punk
254.jpg



 仕事中にファッションの記事を色々見てたら、英ダックスのイメージ・キャラにポール・ウェラーと娘のモデル、リア・ウェラーが起用されるってニュースが。すっかりお洒落なオヤジのイメージでした。会社では娘の名前が頻繁に飛び交うステラ・マッカートニーといい、ファッションの分野で活躍する2世も多いですが、コノ人の娘もモデルやったんすな。そもそも渋谷系とかヘチマ系とか言い出した頃の教祖といえば、ポール・ウェラー。パンキッシュなロックから始まって、ソウル、ファンク、ボッサなんかを上手いこと取り入れファッショナブルな感覚で仕立て上げたのもコノ人でした。私の同期のメンズ・ファッション部門の奴や、夜になんちゃってDJしてる先輩にも大ファンがいて人気の高さを日常レベルで感じられる人です。
 さてフリー・ソウル・シリーズの本丸といっていい、ポール・ウェラーのオールタイム・コンピレーション。同期の奴に借りておきながら、PCに放り込んだだけだったので真面目に聴いてみました。やっぱ光るのがジャム後期〜スタカン初期のヤング・ソウル的感覚。シスター・スレッジのソロ・カヴァー「Thinking Of You」から始まりますが、圧巻なのが中心となるThe Style Council黄金期の曲達。「Headstart For Happiness」から始まって、モータウン・ライクな「A Solid Bond In Your Heart」、アンセムともなってる「My Ever Changing Moods (12inc Ver.)」、問答無用の代表曲「Walls Come Tumbling Down」に「Shout To The Top」と、まさにイケイケの選曲。後半では、打ち込みビートがクールな「Long Hot Summer '89」、メロウ傑作「You're The Best Thing」、Dee C. Leeの黒い歌声をフィーチャーしたスウィンギーな「The Lodgers」、ボッサな感覚「Have You Ever Had It Blue (Uncut Ver.) 」など、忘れ難い名演もしっかり聴かせます。合間には、スタカン前の名曲「Beat Surrender」やカーティス・メイフィールド「Move On Up」、ソロ・ライヴからの「A Town Called Malice」とThe Jam時代の名曲も挟む憎さ。ほんとポール・スミスのショップでかかってそうな怒濤の選曲です。ロック回帰のイメージだったソロからは「End of The Earth」や「Above The Clouds」と、リラックスした感じの演奏が◎。「Here's A New Thing」なんかはスタカン時代みたいでカッコいいです。また、トラフィックの「Feeling Alright」やディランの「I Shall Be Released」までジャンルに捕われず演ってます。この辺がフリー・ソウルって言われる所以なんでしょうな。
「粋なオヤジとしてファッションも音楽もリスペクトされるポール・ウェラー。憎いオッサンです!」

The Style Council - The Lodgers



テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

Their Satanic Majesties Request / The Rolling Stones * 1967 Decca | Home | The Goldwax Years / Spencer Wiggins * 2006 Kent

コメント

No title

えぇ~・・・DAKSなの~~??
まぁ、ライセンス商品とは違うだろうけど。
ちなみに7月でヘルプも辞めたよ~。

ポール・ウェラー氏と言えば、私ちょいと前に何故か
Youtubeで“SHOUT TO THE TOP”をエンドレスで聴いてた。
ちゃんと聴きたくて大昔にカセットで持ってた“VSION QUEST”の
サントラを買ったわ~。
(私はそのアルバムで↑の曲聴いたから)
当時の私にはあまりピンとこない雰囲気の人だったけど
今思うとカッコイイよ、素敵。

2013/10/20 (Sun) 18:06 | lune #- | URL | 編集
No title

★luneさん
 素敵な人やね〜 ポールさん。
足元にもおよばんわ。カッコええ、年の取り方してるよね。佐野元春も一時、スタカンっぽいの演ってたよね〜
しかしビジョン・クエストってマドンナ? 懐かしすぎる・・

2013/10/21 (Mon) 00:41 | ezee #- | URL | 編集
No title

“VISION QUEST”、マドンナの曲も2曲収録されて・・・
“GAMBLER”と“CRAZY FOR YOU”
それもちゃんと聴きたかったってのもあって買い直し。
合宿で島ちゃん達(HIP CHICが“GAMBLER”練習してて、
私がこの曲好き、
って言ったら随分驚かれた記憶が・・・
まぁ当時の私だし致し方なし~( ̄▽ ̄;

2013/10/21 (Mon) 22:28 | #- | URL | 編集

そやな〜
当時のイメージでいくと、マドンナはありえんな。なんでも、上っ面で判断したらあかんね!

2013/10/22 (Tue) 19:54 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ