The Complete Don Bryant On Hi Records / Don Bryant * 2000 Cream(Hi)

Southern & Deep
don b crop_290.jpg bryant.jpg

 サザン・ソウルの魅力にハマったきっかけとなった人、ドン・ブライアント。80年代の後半、ビクターがスタックスやマラコのCDを発売する中、その中で見っけたのが自分にとって未開の域だったハイ・レコードのコンピレーション。それを聴いてしまった日からもうメンフィス・ハイ・サウンドの虜。オーティス・クレイやアル・グリーン等の代表曲に混じって収録されていたドン・ブライアントの「I'll Go Crazy」は、“俺の探し求めてた音はコレ!”っていうくらい気に入って聴きまくり。実はアルバムも1枚(写真中、Precious Soul)しか残してない人で、嫁さんアン・ピーブルズのようにヒット・シングルがたくさんある人ではないのですが、ソウル・ファンにはシングル曲中心に確固たる評価が高い人。ハイ全盛期には主にコンポーザーとして貢献しつつも、自らのシンガーとしての曲もサザン・ソウルの金字塔的傑作が多く個人的にスペシャルな人。こんな男前声の塩辛ハスキーはなかなかいません。
 何はともあれ、サザン・ソウルの完成形と声高に言いたい68年「I'll Go Crazy」は正に絶品中の絶品ソウル・バラード。You sure know how to Love me〜♪という出だしからブルブルきます。緩急のつけ方もパーフェクトで、3番の感情が高ぶった歌唱など失禁もので、僅か2分で終わってしまうのが残念でならない珠玉の名曲。他のスロウも完成度は総じて高く「Don't Turn Your Back On Me」、「I'll Do The Rest」、「The Lonely Soldier」、「The Call of Distress」、「Is That Asking Too Much?」等、60年代中心なのでハイ・サウンドはまだ完成されてないですが、泥臭いメンフィス・サウンドでドンが熱い歌を繰り広げてくれます。ここらのシングル曲中心に70年代に日本独自でLP(写真右)が組まれたのも納得です。65年頃のウィリー・ミッチェルのバンド・シンガーだった時の「That Driving Beat」あたりのジュニア・ウォーカーっぽいジャンプ・ナンバーも垢抜けずとも、カッコ良し。また少しカーラ・トーマスっぽいMarion Brittnamとの曲は「I Will Be True」始め7曲収録でこちらも相性の良いデュエットが聴けます。本作にまるまま入ってる69年アルバムの"Precious Soul"は自作曲がブレイクしなかったからか、当時のソウル・ヒット・カヴァー。「Funky Broadway」など3曲も演ってるピケット曲は相性良し。溌剌な「Soul Man」、「When Something Is Wrong With My Baby」、C.カーターの「Slip Away」のスタックス曲や、「Expressway to Your Heart」、「Cry Baby」など聴き応えはあります。60年代は未発表に終わった「Walkie Talkie Love」等のジーン・ミラー・バンドのコラボも切れ味抜群の歌唱を披露です。
「私にとってのディープ・ソウルの理想を示してくれた人の、ほぼ全貌。しびれる〜!」

I'll Go Crazy



テーマ: ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク | ジャンル: 音楽

The Goldwax Years / Spencer Wiggins * 2006 Kent | Home | Tin Pan / Tin Pan * 2000 Rewind

コメント

No title

このアルバムは,CD では廃盤になってプレミアが付いていますが MP3 なら,日アマでも iTunes Store でも手頃な値段で入手できますね。
● Don Bryant "The Complete Don Bryant on Hi Records (2 CDs)" [Hi/Cream HEXD 50] -2000
http://blog.zaq.ne.jp/shinozrsb/article/1094/

昨年,「今度のハイのシリーズはちょいと違うぞ,まずこう言っておきたい。(中略)今回はそれを徹底的に晒し出す。」(鈴木啓志) という監修者の言葉で始まった Hi Records Best Collection のシリーズでも,「コンプリート・シングル・コレクション」 というタイトルで今年の4月にリリースの予定がアナウンスされたことがありますが,現時点では,発売日未定・・・?
上記の Cream 盤より曲数が少ないのにより高い値段に設定されていたことが,発売日の決まらない原因か・・・?

三年間続く予定だったシリーズなのに中断しているのは,去年リリースした CD がよほど売れなかったから・・・?
まあ,あのラインアップでは,それも仕方がない・・・(^_^;)

2013/10/14 (Mon) 09:08 | Mr.Pitiful #iL.3UmOo | URL | 編集
No title

★Mr.Pitifulさん
 リスナーの要望に沿ったとは言い難かったハイのリイシュー。そこは細かい発掘をプラスしたKentを見習ってほしかったですね〜
やはり商売、売れないと話になりません。オリジナルに拘った頑固な監修者の意図も分からんのではないのですが。ブランズウィックも心配です。。

2013/10/14 (Mon) 22:32 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ