Gimme Your Hand J.B! / Various Artist * 1989 Polydor

James Brown
Gimme JB

J.B.がディレクションに関わった傘下のレーベル「ピープル」中心の音源。ただ単に周囲にも厳しかっただけでなく、自分の名前が関わった仕事に関してはしっかり面倒みてるのが音にありありと出てるのがいいところ。もちろんお抱えのフレッド・ウェズレー&J.B'sの音が楽しめるものが多く、J.B.本人のモノと同列で聴けます。クリフ・ホワイトやハリー・ウェインガー、アラン・リーズらが優れた編纂をしていて、様々な音源がアルバム化されてますが、これは日本編集。当時、まだ学生でアホの一つ覚えみたいにJ.B.をブランド買いしてましたので当然、こちらもGet。日本人による世界に誇れる、愛に満ちたJ.B.関連盤です。
 まずはLee Austinなるシンガー。デビュー前からの旧友らしく、自らのレーベルで売れずとも面倒を見ていたシンガーです。J.B.より年上ってこともあって色々と相談役にもなってた人。8曲収録で熱いのが、やはりJ.B.系ファンク。リトル・リチャードの73年ファンク仕立てカヴァー「Tutti Frutti」は切れのいい歌唱に、フレッドのトロンボーン・ソロも炸裂する良作。他も、ライト・ファンク「Gimme Your Hand」、リン・コリンズ“Rock Me Again And Again....”の続編みたいな「Georgia Peach」、少々軽めながらスムーズな歌唱のピケットの「I'm In Love」、マイアミ・ソウル風の「Real Woman」と結構な好感触。ボビー・バード程の野太さは無いあっさりしたスタイルです。J.B.と共に行動したレディ・ソウルでも最もカッコいいハスキーヴォイスで迫るLyn Collinsは代表曲「Mama Feel Good」含む4曲収録。優秀ファンク「Oh,Uncle Sammy」、親分James Brownとのデュエット「What My Baby Needs Now Is A Little More Lovin'」に「This Guy - This Girl's In Love」の純粋ソウル・ナンバーも聴き応え抜群。また本作の目玉と言っていいSly, Slick & Wickedの絶品ナンバー「Sho' Nuff」はジャスティン・ティンバーレイクの新作でも脚光を浴びたスウィート・ミディアム。もう1曲の「Ready For You」も最高で、J.B'sの音ではないですが、こういうナイス・コーラス・グループも送り込んだ御大の懐のデカさに感動です。また先輩格Hank Ballardはピープル時代中心に3曲収録。やはり絶品なのはJ.B.の声も随所に聴こえる超優秀ファンク「From The Love Side」。ディープな味わいがたまらんレディ・ソウルShirley Jean & The Relationsはブルージーなスロウ「People Make The World Better Place」に、ファンキーな「If I Had A Man Like You」とコチラも秀逸。
「J.B.が好きでたまらん人にはマストの周辺音源集。70年代前半の上モノです!」
Tutti Frutti - Lee Austin & the JB's


Sho' Nuff – Sly Slick and Wicked



テーマ: ゴスペル/ブルース/R&B/ソウル/ファンク | ジャンル: 音楽

Pink Lady In USA / Pink Lady * 1979 Elektra | Home | Blurred Lines / Robin Thicke * Interscope 2013

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ