THE BADDEST II / 久保田利伸 * 1993 Sony

90's Male R&B
bad2.jpg



 昨日の大阪から東京と連日の35度超えで屍状態のお仕事。いつもお世話になるランチのインド人もヘロヘロでした。そんな時、もう裸になって聴きたくなる曲は、クボタの「ふたりのオルケスタ」! “ソ〜ゥオルが〜色めく、ふ〜たりのオ〜ル〜ケ〜ス〜タ〜♪”と言われれば、もうフルチンで聴くしかありません。灼熱の太陽の下でも心地良い希有な曲で、永ちゃんのコーラの歌と双璧の歴代コーラ優秀CMソングでもあります。最近もクボッサとふざけたタイトルでボサノヴァ・アルバムをリリースしてくれた、愛すべきアニキ。たんに綺麗にスムーズに歌ったらエエっちゅう最近の風潮はいただけませんが、スティーヴィーをルーツにしたこの実力派は、ちょっとしたR&Bもどきの人等とひと味違います。音だけならT.kura氏とかの尽力で本場と遜色ない域まで来た感はあるのですが、肝となる歌=肉声となるとほんの一握りの人等しか肩を並べてない感は拭えず。しっかり根元にソウルが感じられないとね〜 そんな偉大なクボタの20年前に出た2枚目となる優秀ベスト。やっぱ、これは夏に外せません。
 そんなラテン系R&Bの大傑作「ふたりのオルケスタ」を軸に、前作同様に全音楽ファン必携とも言いたい優秀曲の嵐となるこのベストは、他も気持ちエエ音で溢れかえってます。オルケスタと同時発売シングルだったと記憶する「夢 with You」も琴線ジャカジャカの美メロで、当時毎週見てた三上博史のドラマ主題歌だったこともあって今も頭に貼り付く傑作スロウ。さらに凄いのが冒頭に収められた「夢 with You ~A CAPPELLA~」で、特に後半部分はハリケーン並みの感動。この辺は凡庸のR&Bシンガーは真似できない荒技です。ニュージャック・テイストもたまらん90年前後のシングル曲「Give You My Love」に「Be wanabee」、80'sファンクな「Moving Target」や、大好きだったAlyson Williamsとのデュエットに狂喜した「Forever Yours」と本作オンリーのお楽しみも多数。また衝撃作“Such A Funky Thang!”からの名バラード「Indigo Waltz '93」は新録で収録。既発曲も、思わず冷し柚子うどんを連想する食欲増進曲「Mama Udongo」(←ほんまは母なる大地アフリカの歌)や、レゲエ曲「Keep On Jammin」なんかの過去のアルバム曲も音圧アップ!
「クソ暑い時にも効くさすがのクオリティ! 体力回復にも持ってこいです。」 

夢 with You



テーマ: HIPHOP,R&B,REGGAE | ジャンル: 音楽

Baby Makin' Music / The Isley Brothers * 2006 Def Soul | Home | Synchronicity / The Police * 1983 A&M

コメント

No title

ほんま毎日あついな~。FoeverYours最高。でもハイライトはやっぱりIndigoWaltz93やな。いっときこればっかり繰り返し聴いてましたわ。曲も唄も素晴らしすぎます。

2013/08/12 (Mon) 19:27 | 哀愁の春日野道 #pGdjjsNE | URL | 編集
No title

★哀愁の春日野道さん
 マジ、ぐだぐだやなぁ。フルチンでゲリラ豪雨浴びたいわ。
 しかし相変わらず、がさつなわりに美メロ好きやね〜 次回、姫路サミット、よろしく!

2013/08/13 (Tue) 00:13 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ