音系戯言

ARTICLE PAGE

The Exciting / Wilson Pickett * 1966 Atlantic

picket.jpg



ブラック・ミュージックにハマり始めの頃、ちょうどアトランティック・ソウル・マスターズとかっていうシリーズで、オーティス・レディングやらサム&デイヴ、アーサー・コンレイ等がウジャウジャ出てた中で燦然と輝いていた一枚。内容もよくわからん私は完全にジャケットのカッコ良さで完全ノックアウトされ、一つ釦のタイトスーツで満面の笑みでジャンプするピケットは私の中でソウルの象徴でした。このジャケで中身が悪いわけないと確信して購入したレコードはよく部屋に飾って鼻を膨らましてました。
 勿論、内容は名盤として疑う余地無く、今もCDで買い直して10万回目のリピート中です。当時アトランティック傘下だった南部StaxのMG'sとFameのマスルショールズで録られた、なんとも理想的なセッションはピケットと相性抜群で切れのいいハスキーヴォイスも冴えまくりです。“one two three!"と叫んだ瞬間、降参するしかない代表曲ともなったグレイトジャンプナンバー「Land Of 1000 Dances」で幕開けし、オリジナルののんびりムードを一蹴したソリッドなミディアム「Something You Got」、最高のミディアム「634-5789」とくる最強の展開はピケットの魅力を120%伝えてくれます。ニューオリンズのロバート・パーカーが歌った「Barefootin'」、ドラフトワンにも勝る切れ味のドン・コヴェイの「Mercy,Mercy」、ファルコンズ時代の「You Are So Fine」、ここまでのレコードでA面だった流れは完璧と言っていい60'sソウルのマスターピース。カヴァー曲もシャープにピケット調で仕上げます。1stから再収録のヒット曲「In The Midnight Hour」、スティーヴ・クロッパーもエエ味の唯一のバラード「It's All Over」を経て、着地点はもう一人のLast Soul Man を名乗るボビー・ウォマック作の会心K点超えジャンプ「She's So Good To Me」。これで文句言う奴の気が知れません。
「殆どバラード無しでこの完成度!タイトルに嘘偽り無し。ダンス天国に行ったピケットに合掌」

Land of 1000 Dances


Something You Got


Comments 8

トミー

トラックバックありがとうございます。
すばらしいレビューですね!全文に完全同意ですが、
中でもとくに、

>“one two three!"と叫んだ瞬間、降参するしかない

まさにそのとおり!!
本当に、この声を聞くと、まだ生きているとしか思えない
…まあ、レコードってそんなものですね(笑)。
合掌

2006-01-25 (Wed) 05:37 | EDIT | REPLY |   

Sugar Pie Guy

ピケットの訃報

ピケットがこんなに早く死ぬとはショックでした。
南部録音に注目がいきますが、あの豪放な歌唱はデトロイトならではだと勝手に考えています(生まれたのはアラバマだったんで根拠薄弱ですけど)。

僕のブログでもちょいと取り上げました。
http://soulful.cocolog-nifty.com/soulog/2006/01/wilson_pickett_fab0.html#more

2006-01-25 (Wed) 11:46 | EDIT | REPLY |   

yu-shio

TBありがとうございます。私は、映画「Soul To Soul」で“ダンス天国”の前に感動的な語りをするところが大好きです。それにしても、Al Greenみたいにまだまだこれから一発行って欲しかったですね。

2006-01-25 (Wed) 13:07 | EDIT | REPLY |   

Cottonwoodhill

はじめまして

TBありがとうございます。訃報は本当に残念ですね。謹んでご冥福をお祈りいたします。

2006-01-25 (Wed) 19:56 | EDIT | REPLY |   

スヌ

TBをありがとうございました・・

60年代のソウルは最高です・・
ハートに来ますよね!でもCDは持っていません(^^ゞ
これからは機会ある事に買い求めたいと思います。
ピケット万歳!!ご冥福を・・・

2006-01-25 (Wed) 20:10 | EDIT | REPLY |   

ezee

★トミーさん
 ありがとうございます。
 音を聴いてると、ホントに唾が飛んでくる
 くらいに「生」を感じます。
 またよろしくです!
★Sugar さん
 おおきにです。最近これといったニュース
 も無かったので何してしてんのかなぁと
 いう感じですが突然の訃報は
 ビックリしました。
★yu-shioさん
 おおきにです。
 「soul to soul」は未見ですが
 その語りとは? 興味深々です。
 機会があれば見てみます!
★Cottonさん
 おおきにです。逝去は残念ですが、
 晩年のオカマスタイルというのが
 今更ながら気になります~
★スヌさん
 おおきにです。
 そうです! ハートに来なあかんにゃ!
 と、上田正樹も言ってました。万歳!

2006-01-27 (Fri) 02:21 | EDIT | REPLY |   

ゼットン

TBありがとう

TBありがとう。こちらにうかがって、Wilson Pickettが亡くなったことをしりました。とても残念です。

2006-01-28 (Sat) 10:05 | EDIT | REPLY |   

波野井露楠

おはようございます。ウィルソン・ピケットの記事をTBしようとしたんですけど、失敗みたいです(^^;)。以前もFC2の方にだけTBができなくて…。でも、TBしていただいた記事へのお返しのTBはできるみたいなんです。(困りました(^^;))。もし、よかったら、また当ブログに遊びに来て、ezeeさんの趣味に合う記事がありましたらTBしてやってください(^^;)。では。また遊びに来ますね!

2006-03-11 (Sat) 08:43 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

8 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  Wilson Pickett死去, 『ソウル・サヴァイヴァー』
  •  ソウルレジェンド、ウィルソン・ピケットが心臓発作で死去したそうです。享年64歳。(bounce.comより)  また一人、偉大な巨人が去っていきました。でもこのニュースを聞いて思い
  • 2006.01.25 (Wed) 02:42 | スターフィッシュとコーヒー
この記事へのトラックバック
  •  Wilson Pickettが亡くなっちゃいました
  • Wilson Pickettが心臓発作でお亡くなりになったとのこと。まだ64歳なのに残念。80年代に見に行った来日公演は正直イマイチな気がしたけど、かなり好きなソウル・シンガーのひとりでした。
  • 2006.01.25 (Wed) 13:08 | 似顔絵ロック ~ Portrait in Rock
この記事へのトラックバック
  •  Wilson Pickettとパンク
  • アメリカを代表するソウルシンガーのWilson Pickett(ウィルソン・ピケット)さんが心臓発作で亡くなった。享年64歳。 普段この手の音楽を聴かない俺でも知ってるぐらいだから、音楽ズキなら誰でも一度は彼の曲を耳にした事があると思う。そんなわけで自分はアルバムやシン
  • 2006.01.25 (Wed) 14:58 | krock@555
この記事へのトラックバック
  •  ウィルソン・ピケット
  • 不幸なニュースが入って来ました・・・アメリカで19日に、あのソウルシンガーのウィルソン・ピケットが心臓発作で亡くなったそうでとても悲しい出来事でした。パンチのあるソウルには心を打たれました。そんな彼は享年64才だったそうです・・若い方には分からないかも知
  • 2006.01.25 (Wed) 20:04 |    すぬぷろぐ♪
この記事へのトラックバック
  •  WILSON PICKETT'S GREATEST HITS
  • 既にご存知の方も多いと思いますが、先日ウイルソン・ピケットが心臓発作で亡くなりました。→詳しくはコチラ享年64歳とまだまだデキる年齢なだけに残念ですね。彼の作品はかなり前に購入したこのCDしか所有していませんが、ベスト選曲なだけにかなり熱い内容です。代名詞
  • 2006.01.25 (Wed) 22:35 | 芸術的生活、
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  追悼・ウィルソン・ピケット
  • 昨日、新聞を読んでいたら片隅に米ソウルシンガーのウィルソン・ピケット氏の死亡記事が小さく掲載されて驚きました。享年64歳、心臓発作だそうです。ここ1年は闘病生活、病気になるまでライブ活動を精力的にこなしていたようで・・・。ウィルソン・ピケットと言えば、熱い
  • 2006.01.26 (Thu) 22:22 | 無駄遣いな日々
この記事へのトラックバック