√5 / Barbee Boys * 1989 Epic Sony

Beat + R&R
51P137RPT8L.jpg



最近はチョコチョコ、活動も再開してて依然として需要の高さを感じる80'sバンド、バービー・ボーイズ。レイザーラモンRG+椿鬼奴や、グループ魂(←パロディ曲・片付けられない7Days、最高)など、当時に聴いてた人達が盛り上げたりなんかもして、ココ数年、再注目が高まってる感あり。男女ツイン・ヴォーカルにソプラノ・サックスと、とにかく個性的なバンドでした。バンドマン的にはコンポーザーでありギタリストのいまみちともたかの、コピーも少し難しい凝ったアレンジのギターも聴きもの。当時はバンド・ブーム全盛期で、ラフィン・ノーズやBOOWYの似たようなバンドはいっぱい出てきましたが、バービーは個性が強力すぎて後継バンドは出現せず。基本8ビート主体で、変にビートをスウィングさせなかったのも潔いアプローチでした。
 さてこの√5なるアルバム。高校生の頃に流行った“なんだったんだ7Days"くらいから喜んで聴いてたんですが、個人的にはちょっと離れつつあった頃のアルバム。しかしながら改めて今聴くと好調維持の良いアルバム。やたら尖ってた初期からすると、幾分聴きやすさも増してましたが、独特の詞の世界は健在。やはり目当てはコノ曲「目を閉じておいでよ」。やはりレイザーラモンRGではなくコンタで聴きたい代表的ヒットで、バービーらしさ満開の名曲。エロチックな歌詞も、らしくてエエ感じ。基本キーボードに任せたいようなバッキングも縦横無尽で駆けずり回るイマサ氏のギターも秀逸です。そして、もう1曲のシングルヒットでメロウな「Chibi」も負けず劣らずの秀曲。杏子の寂しげで色気のある声がたまらんところ。他の曲は一生懸命聴いてませんでしたが、冒頭の「ト・キ・メ・キ」や、初期風のアップテンポ「さあ、どうしよう」、「せまって day by day」もバンド特徴が良く出たシャープな佳作。「もうだいじょうぶヒステリー」も印象的でしたが、「Late Again」なんかは珍しくレゲエで、ちょっとミスマッチ。
「80年代後半を彩った個性派バンド。スタイリッシュでええバンドでした!」

目を閉じておいでよ



テーマ: 本日のCD・レコード | ジャンル: 音楽

Chapter 2 / Roberta Flack * Atrantic 1970 | Home | Tuskegee / Lionel Richie * 2012 Mercury

コメント

No title

こんばんは!ピンクレディーに引き続き連投を(._.)
めちゃくちゃ聴きました!昔、「ez」というSONY系アーティストの番組や地元の夜中の番組でライブを放送してたりで(米米とかと)
BLACK LISTとか、もう(涙)

大体、「この流れは、あのバンドの流れだな」というのが唯一なかったのがバービーですよね。
ハスキーな二人の声とギターが印象的で。
あぁ、語りそうなのでこのあたりで。
ポートピアの帰りの大渋滞でエンドレスで流れていたのも思い出しました(笑)

2013/10/03 (Thu) 00:05 | samyu #dNm2mw72 | URL | 編集
No title

大好きでしたよ
最近聴いていなかったので、
YOUTUBEの音源を聴いて、やっぱり
しみじみいいなぁと思いました

ベースのエンリケも好きだし…。
いまこんな個性的なバンドはいないですよね。

2013/10/03 (Thu) 05:04 | guitamac #- | URL | 編集
No title

★samyuさん
 ezって番組、ありましたね〜 演出も余計な部分が無くて良いプログラムでした。
なんだったんだ?7Daysのライヴとかも見た記憶が・・ 勇み足Sammyの入ったアルバムだけ、全部聴いたことないので、今度借りてみようとたくらんでます!

2013/10/03 (Thu) 23:30 | ezee #- | URL | 編集
No title

★Guitamacさん
 やっぱ通過してはりましたか!
ほんと唯一無二の個性で輝いてました。どのアルバムにも好きな曲ありますわ〜

2013/10/03 (Thu) 23:32 | ezee #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ