Ready To Die / The Notorious B.I.G. * 1994 Bad Boy

East Coast
BUGGY.jpg

 Hip-Hopが完全に市民権を得て、クールな逸材がドンドン輩出されてきた頃の大ヒットアルバム。ピート・ロックビートナッツが鳥肌モンのビートを提示していた時期、ゲットー出身の凄いMCが出てきたと話題騒然だったビギ―ことThe Notorious B.I.G.の登場。サンプリング文化も全盛で、出るモノ出るモノ喜んで聴いておった時に、才能も体もメガトン級で現れたのがビギ―でした。東西間の抗争とかもあってファンも一緒になって盛り上がってましたが、結末は抗争の中でビギ―も2パックも若くして死去。なんか虚しくも感じましたが、優秀なビート・メイカ―と共に創り上げたデビュー作となる本作はヒップホップ史上、確実に語り継がれる逸品です。
 中身は、カーティスやシュガーヒル・ギャングが流れる「Intro」から自らの半生を映し出すようなつくり。ハープの音が劇的な「Things Done Changed」で血生臭い展開。そしてこの後からガッツポーズ連発の流れへ。物騒な内容ながらイージー・モー・ビーの激クールなトラックにビギ―のどすの効いたラップがハマりまくる「Gimme The Loot」(←フック最高)、Lords of the Undergroundの“Chief Rocka”をさらにカッコ良くした「Machin Gun Funk」、「Warning」と素晴らしきハーコーな展開。銃声鳴りまくりで物々しいですが、ここらは間違いなくハイライト。時代の寵児といった存在感だったウ―タンの4番打者Method Manとの共演「The What」も文句無しのザラついた仕上がり。そして何といっても大注目だったのがギャングスターの天才、DJプレミア手掛ける「Unbelievable」。一聴してすぐにプリモ印と分かるグレイト・トラックです。デイヴ・グルーシン“Either Way”にスネアを効かせまくった「Everyday Struggle」もかなりイケてます。ハードコアの真打ちみたいな感じで紹介された人でしたが、そこはショーン・パフィ・コムズがお膳立てしたBad Boy発。分かりやすい「Juicy」のようなエムトゥーメイ使用のポップなトラックも光ります。流石、トラックマスターズ。「Big Poppa」もアイズレーズのド定番ループ。上手くコマーシャルなマス・アピールも随所に放り込んでます。最後は、ロード・フィネスの自らの死を案じるようなダークなトラック「Suicidal Thoughts」で〆。
「僅かの活動期間で確実に爪痕を残したビギ―。マフィア映画まんまのクールさでした」

The Notorious B.I.G. - Gimme the Loot


The What - Biggie Feat. Method Man


Notorious B.I.G. - Unbelievable


テーマ: HIPHOP,R&B,REGGAE | ジャンル: 音楽

病める無限のブッダの世界 / Buddha Brand * 2000 Cutting Edge | Home | Terry Dexter / Terry Dexter * 1999 Warner Bros

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ