FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (89)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
03 ≪│2019/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2019.04
14
Category : Mainstream
Theme : 洋楽ロック
Genre : 音楽
bryan adams



おっ、久々やんか〜と見っけたブライアン・アダムス。USチャートではすっかり振るわなくなりましたが、本国カナダやUKでは常にトップ3をキープしている永遠の若大将。エド・シーランとコラボしてるって聞いて、チョロチョロ聴き進むと予想を上回る、なんとも現役感溢れる素晴らしい作品でした。80年代はTシャツとジーパンで泥臭くも、キャッチーなロックをガンガン聴かせてくれましたが、イイ意味でなんも変わらんスタイルでやってくれてます。今やギターが中心のストレートなバンド・サウンドって少なくなったとお嘆きの皆様、安心してください。履いてますよ。とばかりに魅惑のハスキー・ヴォイスで、ど真ん中ロックを聴かせてくれます。
 中身は話題のエド・シーランとの共作した「Shine a Light」でスタート。互いの良いところが上手く融合したようなメロディアスなポップ・ロックで、いきなり気分が上がります。そしてタイトルからあのサザン・ソウルを彷彿させる「That's How Strong Our Love Is」 。なんとデュエット・パートナーは美しさも衰えないあのJennifer Lopez。哀愁あふれるパワー・バラードになっていて、聴き応え満点。続く「Part Friday Night, Part Sunday Morning」から「Driving Under the Influence of Love」では、直球ストレートの疾走感溢れるグレイトなロック・ナンバーが登場。しばらく、こんな感じを最近の曲で聴くことが無かったので何とも新鮮です。ん〜素晴らしい。特に後者はピアノが転がり、ガツンとしたギター・ソロも弾けるフェイセズ的サウンド。ルーツ・ロックの良いところを見事、2019年にも伝承してくれます。「All or Nothing」や「I Could Get Used to This」ではAC/DCばりにカッコいいリフと共に、サビはキャッチーにかますというお得意のスタイルで気持ちよく聴かせます。シャッフル・ビートの「No Time for Love」や、スロウ「Talk to Me」も絶好調を感じさせるクオリティで、「The Last Night on Earth」あたりはまだ2000年以降のアプローチを感じます。でも根本は同じ。終盤の哀愁ミディアム「Don't Look Back」も凄く良い曲で、ソング・ライティング力も全然衰えてません。ここまで全てオリジナルですが、ホンマに曲がイイです。とにかく、どおっちゅうことない普通のロックが、今のメジャーシーンで聴けるってのは頼もしい限り。そして嬉しいのが、トラディショナル「Whiskey in the Jar」のカヴァー。もちろんシン・リジィで超有名なあの名曲ですが、ここではアコギ&ハーモニカで渋く決めてます。しかも素晴らしくカッコよい仕上がり。フィル・リノットの声まで聴きたくなります。
「オッサン視点の下駄を履かなくても、これは純粋な高水準ロック2019年モン。元気な音ですわ!」
::more