The Hi Records Single Collection / Otis Clay 2014 solid (Hi)

Southern & Deep
ハイ・レコードの生き証人、ドン・ブライアントが新作を披露。昨年の来日といい、元気な歌声が聴けるのは嬉しいところで、そこでセルフ・カヴァーしていたのがドン作の名曲「It Was Jealousy」です。大ベテランの年輪を感じさせるドンの歌声で久々に聴いたこの曲。素晴らしさを再確認しました。奥方アン・ピーブルズもハイの時に演ってましたが、ディープ・ソウル界でも名唱中の名唱として知られるのがオーティス・クレイが74年に...

The Two Sides Of Gene Chandler / Gene Chandler * 1969 Brunswick

60's Soul
 久々にじっくりソウルを聴きたいっと思って、チョイスしたのはシカゴのソウル・サウンド。往年の藤井寺時代の近鉄バファローズに匹敵する渋いメンバーを抱えていたブランズウィックです。ジャッキー・ウィルソンやタイロン・デイヴィス、バーバラ・アクリン、シャイ・ライツとなかなか多彩なラインナップで、真喜志・村上・大石・淡口の如く味のある名選手が揃います。中でも名球会入りした新井のようにしぶとく活躍したのがジー...

No Stone Unturned / The Rolling Stones * 1973 Decca (2013 Abkco)

Rolling Stones
 ストーンズをアホみたいに好きな人(←私もです。)は、「世に出た全部の曲を聴きたいっ」って欲求が出てくるハズ。ビートルズには“Past Masters”といった便利な編集盤が前から存在していましたが、実はストーンズにもあるのです。フィジカルに拘らなければですが。。それが懐かしの“No Stone Unturned”改訂配信版となる擬似2枚で、日頃、定額配信を利用している人には、いとも簡単に聴けるようになってます。なぜこのタイトルか...

Rake It In / Me First and the Gimme Gimmes * 2017 Fat Wreck Chords

New Wave + Punk
 GW中は割とゆったりする中、わが息子(←自称ファッショニスタ)とシャツやら靴やら一日中買い物三昧で充実した水揚げ。移動の車中BGMは完全に息子DJが仕切りますが、結構知らないエエのも多くておもろいです。10-FEETやらワンオク、ゲス極やらが頻繁に流れる中、ハイスタのカヴァー集なんかはスプリームスやビーチ・ボーイズもやってて超カッコよし。よしそれならとオヤジからはUSパンクのギミー・ギミーズを勧めときました!こ...

Blackstreet / Blackstreet * 1994 Interscope

90's Male R&B
 なにげによく聴くアップルのプレイリストで超充実のニュー・ジャック・スウィング。やっぱり耳馴染みが良い90s R&Bです。中でもトップ・ランナーで走っていたのがテディ・ライリーで、一時はこの人中心に世の中は回ってました。で、なにがエエかっていうと70〜80年代のファンクの延長線上ながら、尖った先進的なビートを開拓してくれたから。自らのグループ“ガイ”でブラコン時代からネクスト・ステージとなる新R&B時代へ突破口...
このページのトップへ