Tuxedo II / Tuxedo * 2017 Stones Throw

10's Male R&B
ただのオールド・ソウル好きの白人シンガーと思ってたら、ジャスティン・ティンバーレイク並みに目が離せん、才能とセンスとソウル愛を持ったシンガーだったメイヤー・ホーソン。そんなメイヤーのサイド・プロジェクト、タキシードがなんと2ndアルバムを投入です! 一発だけで終わりのユニットやと思ってたら嬉しい誤算です。ヒップ・ホップ系のプロデューサー、ジェイク・ワンとのコンビ芸ですが、今や先陣を切って評価の高い活...

The J. Geils Band / The J. Geils Band * 1970 Atlantic

Roots Rock
  黒人の為の濃ゆい音楽を、エッセンスはそのままに分かりやすく解釈してシーンに届けてくれたJ.ガイルズ・バンド。“堕ちた天使”でファンになって、そっから遡って聴く曲がどれもハズレ無しだったこともあって信頼感抜群のバンドでした。全盛時だった80年代前半に解散してしまいましたが、ずっと愛され聴き続けられた人達です。このたび、ギタリストのJ.ガイルズことジェローム・ガイルズが永眠となり、敬意を表して素晴らしき功...

Live at the Blue Note Tokyo / Soulive * 2009 Royal Family

Jazz Funk
  しとしと雨も降る中、桜も咲き乱れ。これも情緒ありです。ここはグルーヴィーな桜ジャケのジャズ・ファンク・バンド“ソウライヴ”、東京でのライヴ盤です。数あるジャム・バンドの中でもトップ・クラスのセンスを持ったバンドで、ブルーノート時代のクールかつダンサブルなスタジオ作等で日本でも人気バンドとなりました。個人的にメチャ好みのオルガン、ギター、ドラムのトリオ編成で、60年代のオルガン・ジャズを彷彿させると...

Laurel Canyon / Jackie DeShannon * 1968 Imperial

Roots Rock
  誰からも愛され、玄人からも尊敬される美人女性シンガー・ソング・ライター、ジャッキー・デ・シャノン。才色兼備とはコノ人のことを言うのやといっつも思っちゃいます。60年代初期にはキュートなガール・ポップも歌いつつ、他アーティストにも優秀楽曲を提供。自らは他作家の作品をシンガーとして歌いヒットも記録。アーマ・トーマスがヒットさせたガール・ポップの金字塔“Break Away”は、最初トレイシー・ウルマンで聴きまし...

Doo-Wops & Hooligans / Bruno Mars * 2010 Elektra

10's Male R&B
京都に戻り再び家族の一員になったような気で、なんとか家でも疎外されることなく生活してますが、これが想定以上の心地良さ。事情で実家との行き来が多くなり、再び車を運転する事も多くなった中、アクセル踏みながらよく聴いてるのがブルーノ・マーズです。マーク・ロンソンから、去年の絶品サードはやたら聴いてましたが、車の横でDJみたいに息子がやたら流すこの1stも今さらながらよく出来たデビュー作やったと再認識。親しみ...
このページのトップへ