FC2ブログ
RSS
Admin
Archives

音系戯言

偏見に満ちた音楽観をだらだらレビュー。 あくまで保有音源整理の為と、自己満足備忘録。黒人系(R&B・SOUL・Hip Hop)とロック中心。リアルな音はココにある!!

カテゴリ
Funk (89)
Jive (2)
検索フォーム
Profile

ezee イージー

  • Author:ezee イージー
  • 男アラフィフ。人がいなくとも耳打ちで伝える、癖がすごい会社員。

    なお当ブログはLink Free 連絡不要です。
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
カレンダー(月別)
08 ≪│2016/09│≫ 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
最近のコメント
FC2
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.09
10
Category : 60's UK Beat
Theme : 洋楽ロック
Genre : 音楽
hollyeoodb.jpg 220px-At_the_hollywood_bowl.jpg



自分がビートルズを知った頃はレコードの時代。その頃、普通に店で売られてたのが“スーパー・ライヴ”っていう全盛期のライヴ盤でした。なぜかコレだけは兄貴も持ってなかったので未聴でしたが、CD化が進んでボツボツ出るやろと思って十数年。完全お蔵入りかと思ってたら遂に出ました。追加曲も加えたパワーアップ仕様で! 64年、65年のアメリカ・ツアーでのライヴで、当初“彼等なら、なんでも売れる”と商魂たくましい米キャピトルの依頼でジョージ・マーティンが録音したものの、2万人近い観客の悲鳴に近い歓声や録音の悪さでボツになったもの。で、解散7年後再びクリーンアップ&リミックスして出されたそうで、当時のビートルズのヒット曲が熱くラフな演奏で聴けます。CD時代に出た“BBC Live”より、万人向けの内容でコレは嬉しいプレゼント!
 オープニングはジョンの熱い歌唱が炸裂の「Twist and Shout」。のっけから凄まじい歓声です。これではモニターの音も聴こえんかった筈です。ポールの「She's a Woman」に続き再びジョンの強烈シャウティング・スタイル「Dizzy Miss Lizzy」と、R&Bビートルズが好きな人にはたまらん展開。65年の大傑作「Ticket To Ride」でこれぞ真骨頂というスタイルで魅せてくれると、大ヒット「Can’t Buy Me Love」、渋いポールの個性が光る「Things We Said Today」と続けます。緩急つけた演奏が新鮮な、ジョージお得意の強烈ロックンロール「Roll Over Beethoven」、リンゴのVoコーナーでは1stから「Boys」が披露。フロント3人の“パッシュワ”コーラスが最高です。「A Hard Day's Night」ではイントロの謎のコードがライヴでも響き渡り、以降は怒涛のヒット曲連打で「Help!」、「All My Loving」、「She Loves You」と絶妙のアンサンブル、ハーモニー、躍動感が堪能できます。まさに“4人はアイドル”を実感。ポール18番のリトル・リチャード譲りの絶叫シャウト「Long Tall Sally」がラスト・ナンバーですが、今回リニューアルで4曲が追加。中でも嬉しいのがビートルズ自作R&Bでは最高峰クラスの「You Can’t Do That」の収録。初期の大ヒット「I Want To Hold Your Hand」はともかく、ジョージの師匠ともいえるカール・パーキンス名作「Everybody’s Trying to Be My Baby」もロカビリー・ファンはガッツポーズです。オーラスでジョンのセンス光る「Baby's In Black」と、大好きな“フォー・セール”からで〆っちゅうのもよろしいです。
「当たり前のように全部お馴染みの曲なのが凄いビートルズ。全盛時の公式ライヴ、堪能あれ!」
::more